葛飾区のオープンハウスの屋根裏アンテナ工事(ブースター不要)

屋根裏にアンテナ設置

今回は葛飾区のオープンハウス・ディベロップメントの事例です。
バルコニーからスカイツリーが目視できる環境でしたので電波もばっちりでした。
アンテナ本体は屋根裏に設置してブースターも不要の高コスパ工事となっています。

アンテナ工事の内容や受信電波状況詳細、実際にかかった工事費用について解説します。

ハウスメーカー様等の敬称は記事中では省略させていただいております。

アンテナ工事概要

アンテナ工事のご要望としては

  1. TOKYO MXが受信できること
  2. 目立たないこと
  3. 丈夫に設置できること(災害に強い)
  4. しっかり電波を受信できること

というものでした。
オープンハウス・ディベロップメントの場合、一般的に屋根裏にアンテナ配線が通っていることが多く、特別な追加工事をせずとも屋根裏にアンテナを設置できます。
また住宅が密集している地域では壁面と屋根裏の電波の差が大きい場合もあります。※屋根裏の方が電波がいいです。
今回はバルコニーからスカイツリーが直接見えていたのですが、屋外のアンテナ配線はバルコニーから遠く、バルコニーにアンテナを設置するには屋外の配線が目立ってしまいますので、やはり選択肢としては屋根裏がベストだと言えます。
屋根裏へ続く天井点検口と分配器の設置してあるマルチメディアボックスが近かったのですが、屋根裏からボックスまで配線を通すことが難しかったため今回は既存の引き込み線に接続しています。
※屋根裏で引き込み線をカットしますが、将来必要に応じて接続することで元の状態と同様に戻すことが可能です。
なお、十分な強さの電波が受信できていたためブースターは設置していません。

テレビアンテナ工事の手順

  1. カウンセリングと電波の確認

    受付時に聞いていたお客様のご希望を再確認し、設置希望位置での電波調査をします。
    もともと屋根裏への設置にご興味がありつつ、どのような設置方法があるのか知りたいというご要望のメール問い合わせをいただいておりました。
    いただいていたご住所などの情報から、いくつかの工事の組み合わせと金額をお伝えしてあり、事前にお客様もある程度イメージを膨らませていただいておりました。
    屋根裏では小型のアンテナとフラットタイプのアンテナで測定したところ、フラットタイプの方がTOKYO MXをバランスよく受信できていたため、今回はフラットタイプの設置となっています。

    スカイツリーが目視で確認できました
    東京スカイツリーが目視できているので、十分強い電波が受信できることが期待できました。

  2. その他の確認と最終見積提示

    分配器の場所とブースター用電源の有無、配線の状況などを確認し、最終的な工事金額を提示します。
    マルチメディアボックスが設置されており、ブースター設置時の追加料金は不要ですが、そもそも今回はブースターが不要と言う結果となりました。

    マルチメディアボックス
    オープンハウス・ディベロップメントのマルチメディアボックスは、ボックス内に100Vコンセントが設置されていることが多いのですが、こちらはボックスの外に設置されていました。またボックスが腰高のクローゼットの中に設置されていました。

  3. テレビアンテナの設置

    今回はアンテナのみの設置となっています。
    ボックスのすぐ上に点検口があったため天井裏からボックスに配線を通したかったのですが、壁の中にそのまま線を通す隙間が残っておらず、またボックスが天井近くではなく足下にあったため、通線する場合は有料作業となります。特に必要性もないためご説明のみで通線工事はしませんでした。

    天井裏から壁の中を見ると
    壁の中の通線はこのように木でふさいである場合とそのまま開いている場合があります。

  4. 屋内のアンテナ端子で電波確認

    各部屋のアンテナ端子で電波が問題ないことを確認します。

  5. 片付け・確認・ご精算

    施工場所の後片付けと清掃を行い、工事個所を確認していただきます。(目視や写真による確認)
    ご不明点などがないか確認し、ご精算を行い終了です。

  6. ※工事の手順、内容は現場ごとに異なります。

電波測定結果

チャンネル LEVEL
(dBμV)
MER
(dB)
BER
16(MX) 78.2 32 0
21(フジ) 81.4 32 0
22(TBS) 82.9 32 0
23(テレ東) 83.6 32 0
24(朝日) 81.0 32 0
25(日テレ) 81.1 32 0
26(Eテレ) 81.6 32 0
27(NHK) 81.6 32 0

今回の工事料金

合計料金

今回の合計料金は 25000円(税込27500円)となりました。

内訳

地デジデザインアンテナ設置
22000円(税込24200円)
点検口内作業
3000円(税込3300円)

※消費税別料金です。エリア別出張費・有料駐車場料金・任意保険料金・キャンペーン割引などがあった場合は省略しています。
※その他調整費用や決済手数料など根拠のない料金はかかっておりません。

今回利用した部材

地デジデザインアンテナ
U2SWLA20マスプロ電工
地デジブースター
EP2UBマスプロ電工
アンテナケーブル
S5CFBT(3重シールド同軸ケーブル)

弊社で取り付けた機器の説明書は工事明細、保証書、保証規定とともにお渡ししております。

施工時間

現地調査・カウンセリング:30分
工事:15分
後片付け・精算:15分

今回の工事のポイント

なにより地デジの電波の強さがポイントです。ここまで電波が強いと、ブースターを設置した場合に定格出力を超えてしまってかえって電波の品質が悪くなってしまいます。

また屋根裏へのアンテナ設置は、小型のアンテナを屋根近くまで持ち上げた方が結果のいいことも多いのですが、TOKYO MXとのバランスを考えるとフラットタイプの方が結果がいいことも多いです。
3階建てだったので屋外に設置する場合の梯子作業料金も、屋根裏へ設置する際の点検口内作業(点検口そばの場合)と同料金でした。その上で屋根裏の方が電波が良く、外壁にビスを打つ必要もないため、屋外に設置するメリットはほぼないと考えられます。
片流れ屋根の場合勾配がゆるく、屋根裏の中に十分な高さが確保できない場合もありますが、今回は屋根の高い方に点検口があったためフラットタイプのアンテナも設置することができました。
また電波受信方向が屋根側ではなく壁面だったので、将来もし屋根に遮熱塗料や金属屋根の重ね葺きなどをしても受信に影響は少ないと考えられます。

お問い合わせ・共有

工事のご依頼やお問い合わせはお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

葛飾区のオープンハウスの屋根裏アンテナ工事(ブースター不要)
トップへ戻る
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述