用語集

一覧

S5CFBT

S-5C-FBTとも表記される。JIS規格ではなく、一般的にJIS規格で定められたS-5C-FBの上位規格でメーカーの独自表記。
S-5C-FBが2重シールドなのに対し、更にシールドを増やしたトリプルシールドケーブルで、Trippleの頭文字を加えている。
S-5C-FBはJIS C 3502の規格に基づくもので、現在はJIS C 3502:2020となっている(2021年2月18日まではJIS C 3502:2015の適用が可能だった)。

JCS

JCS規格について、JCMA(日本電線工業会)のウェブサイトでは以下のように書かれています。 JCSのSは規格という意味なので、本来JCS規格といういい方は誤り。 日本電線工業会規格(JCS: Japanese Cabl […]

JIS

JIS規格について、JSA(日本規格協会グループ)のウェブサイトでは以下のように書かれています。 ※JISのSが規格という意味なので、本来JIS規格という呼び方は誤り。 日本産業規格(JIS=Japanese Indus […]

CA線

CA線とは アンテナケーブルにおいてCA線とは一般的に銅クラッドアルミ線(Copper-Clad Aluminum Wires)のことを言います。 アンテナ線は一般的に同軸ケーブルと呼ばれる断面が同心円状になっているもの […]

BER

BERとは[Bit Error Rate]の略で符号誤り率のこと。ビット誤り率ともいう。 地上デジタルテレビ放送の場合、2×10-4(1万ビット毎に2ビットの誤り:2E-4)以下であれば、誤り訂正によって障害のない画質で […]

MER

MERとは[Modulation Error Ratio]の略で変調誤差比のこと。 単位は[dB]。 復調されたデジタル信号の源信号からの劣化状態を表します。 またC/N(CNR:Carrir to Noise Rati […]

V-ONU

V-ONUとはVideo-Optical Network Unitの略で、光ファイバーで配線された加入者端末のこと。特に光通信でテレビを視聴するための端末のこと。 特にテレビとは関係ないインターネットの光通信端末はONU […]

FTTH

FTTHとはFiber To The Homeの略で、CATV中継局から各家庭まで光ファイバーでつなぐこと、またはその施設のことをいう。

CS

CSとはCommunications Satelliteのことで通信衛星のこと。

BS

BSとはBroadcasting Satelliteの略で放送衛星のこと。

トップへ戻る