アーカイブ

白いアンテナケーブルはボロボロになるのか

白いアンテナケーブルはすぐにボロボロになるって本当ですか

アンテナケーブルにはいろいろな種類があります。
一般的によく使われているS-5C-FBの場合、メーカーにより外装(被覆)に使われるビニルの種類に違いがありますが、白と黒での違いは大きいとは言えません。
※黒いケーブルも品質の悪いものはすぐにボロボロになります。

S-5C-FBの紫外線劣化 多くのメーカーがアンテナ線の外装に採用しているPVC(ポリ塩化ビニル)はそもそも紫外線に強い素材ですが、紫外線による分子結合破壊が起きるのは事実です。 黒いケーブルに含まれるカーボンが紫外線を […]

BSテレビ放送が映らない時の原因は

BSアンテナが映らない時はどうすればいいですか

BSアンテナがついているのにBS放送が映らない時は、いくつか確認ポイントがあります。
工事業者を呼ばずにご自身で解決できる場合もありますので、まずは確認してみましょう。

確認の手順やポイントも解説します。

BSアンテナが映らない時の対処法 まず原因を特定して対処していきますが、場合によって原因となりうるところを一つずつ対処して繰り返し確認する必要があります。 エラー表示(E201/E202/E203)が出る場合 これらのエ […]

BSアンテナをつけると見れるチャンネルはなに

BSアンテナを設置するとどんなチャンネルが観れるようになりますか

現在のBSアンテナは110°CS兼用アンテナになり、BS無料チャンネル9局(※11チャンネル)、NHK2局(※3チャンネル)、有料放送18チャンネルと、110°CS(スカパー!)無料2チャンネルと有料放送は50チャンネル以上が受信可能です。

なおクラウンクラウンでは4K8K対応アンテナが標準となっており、上記に加えBS4K無料放送7チャンネル、NHK1チャンネル、有料放送2チャンネル、BS8KとしてNHK1チャンネル、)4KCS110として有料放送8チャンネルが受信できます。

全てを合わせると100チャンネル以上が受信できることとなります。

チャンネルと放送局のカウントについて BSの無料放送として放送大学がありますが、放送大学は1局最大3チャンネルとカウントしています。 BSNHKは原則として2局2チャンネルですが、まれに3チャンネル放送を行うこともあるた […]

アンテナ工事には資格は必要?

アンテナ工事を行うのに資格は必要ですか

いいえ。基本的なアンテナ工事には特別な資格は必要ありません。
ただし、内容によっては必要な資格があったり、知識を証明する資格などはあります。

アンテナ工事に関する資格 アンテナ工事を行うための資格はありません。 CATV技術者 アンテナ工事に関連する資格としてCATV技術者(旧【有線テレビジョン放送技術者】)という資格があります。 一般社団法人CATV技術協会 […]

他業者の工事のアフターフォロー

他業者の工事の手直しをたのめますか

クラウンクラウンでは他業者様で行ったアンテナ工事のメンテナンス、アフターフォローも可能です。
なお、状況により救済サービス(割引)があります。

手直しの内容について アンテナが倒れてしまった 屋根上のアンテナが倒れてしまった場合は、早急な撤去・手直しが必要です。近隣の方や屋根瓦への被害も考えられます。倒れてしまっても電波が受信できている場合もありますが、早急な処 […]

アンテナ工事で出たごみの処分

アンテナ工事で出たごみの処分はしてもらえるか

クラウンクラウンでは工事で発生したゴミや撤去したアンテナなどは産業物処理法に基づき適正に処分しています。

事業で出るゴミは家庭ごみと区別される アンテナ工事で出るゴミは、たとえ少量であっても産業廃棄物として処分する必要があります。 中には家庭ごみとしてゴミステーションに出してしまえるような場合もありますが、クラウンクラウンで […]

BSアンテナをベランダの中に隠したい

BSアンテナを外から見えないように設置することはできますか

ベランダの手すり壁の内側に設置したり、死角になりそうな場所への設置ができることはありますが、ベランダの内側に設置する場合は邪魔にならないか検討しましょう。
また屋根裏内への設置はできません。

地デジアンテナと同様にBSアンテナも隠してしまいたい、というご要望をいただくことも多くあります。 意匠的(見栄えなど)でどうしてもということもあるかともいますが、NHKの受信料の関係で隠したいというご要望の場合はあまりお […]

屋根裏へのアンテナ設置について

屋根裏にテレビアンテナを設置することはできますか

BS、CSなどの衛星アンテナは屋根裏に設置することができませんが、地デジアンテナは屋根裏に設置することができます。
ただし諸条件により適さないこともあります。

最近では地デジアンテナの屋根裏(天井裏)設置事例が増えてまいりました。 弊社ではだいぶ前より実証実験を行い、検討の結果正式サービスとして提供しているものです。 弊社の数多くの実績より、地デジアンテナの屋根裏設置に対するメ […]

分配器の近くにブースター電源がない場合

分配器の近くにコンセントがない場合でもブースターはつけらるか

最近の新築は分配器の近くに100Vコンセントが用意されていることが多いですが、もしついていない場合でブースターを設置するときは

  1. 電気工事士に電気工事をしてもらう
  2. 電流通過端子につながっているテレビ端子(室内)にブースター電源をつなげる
    ※本体・電源セパレートタイプの場合。本体・電源一体型の場合は不可。

のどちらかになります。

テレビ電波を増幅するためにはブースターを設置しますが、ブースターは電源が必要になります。 上記のように電源工事を行うかブースターの電源ユニットを部屋に置きます。 アンテナからテレビまでの配線は以下のようになります。 【テ […]

地デジアンテナの高さと電波の良さ

地デジアンテナは少しでも高くした方が電波が良くなりますか

地デジアンテナと電波の良さは比例の関係ではありません。

地デジの電波は、放送塔からの直接波と地上などに跳ね返って届く反射波の合成波として受信します。 そのため単純に設置高さをあげると受信状況が必ず改善するというわけではありません。 環境によって変わりますが、下図のグラフのよう […]

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。