ポラスの中古物件でアンテナ線引き直し(千葉県柏市)

柏市のポラス中古物件でアンテナ工事

千葉県柏市で、ポラスの中古物件へのアンテナ工事を行いました。
以前お住まいだった方は光でテレビを視聴されていたようですが、軒下から出ていたアンテナの引き込み線(大元の線)が短くカットされていました。
また配線が出ているのは電波と逆の方向だったこともあり、屋根裏からアンテナ線を引き直しています。
アンテナ工事の内容や受信電波状況詳細、実際にかかった工事費用について解説します。

ハウスメーカー様等の敬称は記事中では省略させていただいております。

アンテナ工事概要

アンテナ受信方面(電波受信方面)にはバルコニーがありましたが、引き込み線は真逆にありました。
壁からアンテナを立ち上げる方法や、アンテナ線を屋根の上に通す方法、壁を引き回す方法などもありましたが以下の理由により屋根裏を通しています。

  1. アンテナ線を極力露出しないことで耐久性が上がる
  2. 見た目が良い
  3. 屋根の上を通す工事に比べても金額があまり上がらない(差額2200円)
  4. 地デジアンテナを屋根裏に設置できる(お客様の希望でもありました)
  5. バルコニーの軒下からアンテナ線を引き出せる構造
  6. アンテナ線が短くて済む

なお屋根裏に入れることでお客様のご希望でもあったTOKYO MXの受信もできました。

テレビアンテナ工事の手順

  1. カウンセリングと電波の確認

    受付時に聞いていたお客様のご希望を再確認し、設置希望位置での電波調査をします。
    冒頭でも書きましたが今回は既存の配線が再利用に適していなかったので、屋根裏の調査を中心に行っています。

    軒天の換気孔
    軒天(軒下の天井部分)の換気孔から中を覗いて、穴あけ(穴の拡張)の場所を決めます。

    屋根裏の通線
    軒天から漏れる光で通線の位置が確認できます。ここに通したアンテナ線を右のマルチメディアボックスまで引き込むようにします。それとは別に屋根裏に設置した地デジアンテナの線もマルチメディアボックスに通線します。

  2. その他の確認と最終見積提示

    分配器の場所とブースター用電源の有無、配線の状況などを確認し、最終的な工事金額を提示します。

    マルチメディアボックス(設置前)
    分配器に細いアンテナ線がつながっていたことから、以前はアンテナやCATV(ケーブルテレビ)ではなく光でテレビを視聴していたのだろうと思います。

  3. アンテナ線の通線

    屋根裏内の配線
    軒天からワイヤーを通し、そのワイヤーに結んだアンテナ線をバルコニーへ引き出しました。屋根の天井(野地板)からは屋根材を固定するための釘が無数に飛び出ているため注意が必要です。

    マルチメディアボックスへ通線
    このように壁の隙間から簡単に通線できる場合は追加料金不要で工事を行っています。屋根が下がっていて釘が無数に飛び出ているので作業は慎重に行います。

  4. テレビアンテナおよびブースターの設置

    今回は地デジアンテナを屋根裏に、BSアンテナをバルコニーへ設置しています。

    ポラスの屋根裏にアンテナを設置
    屋根裏の中でも場所によって電波が異なります。その違いは些細な場合がほとんどですが、今回はTOKYO MXの電波がギリギリだったので、細かく場所と角度を調整しています。

    4K8K対応BS/110度CSアンテナの設置
    4K8K対応BS/110度CSアンテナの設置ではいろいろと金具を使い分けるのですが、今回はエアコンの入替作業の邪魔にならないように考えています。

    コーキングを避けたBSアンテナ設置
    近い将来に壁の塗装やコーキングの打ち替えを検討されるということで、BSアンテナの固定金具がコーキングに重ならないようにしています。金具全面が柱に重なってはいませんが、十分な強度が確保できるように設置しています。

    ブースターは分配数と受信電波の強さのバランスを見てボリュームを調整します。
    雷サージブロックフィルター
    2021年8月より、フルセット工事(地デジ+BS+ブースター)の方には雷サージブロックフィルターを無料で設置しています。他に分配器に空きがあった場合はダミー抵抗を設置しています。

  5. 屋内のアンテナ端子で電波確認

    各部屋のアンテナ端子で電波が問題ないことを確認します。

  6. 片付け・確認・ご精算

    施工場所の後片付けと清掃を行い、工事個所を確認していただきます。(目視や写真による確認)
    ご不明点などがないか確認し、ご精算を行い終了です。

  7. ※工事の手順、内容は現場ごとに異なります。

電波測定結果

チャンネル LEVEL
(dBμV)
MER
(dB)
BER
16(MX) 53.5 25.6 0
18(TVK)
21(フジ) 79.2 32 0
22(TBS) 79.7 32 0
23(テレ東) 77.5 32 0
24(朝日) 77.8 32 0
25(日テレ) 78.9 32 0
26(Eテレ) 80.1 32 0
27(NHK) 78.3 32 0
30(チバテレ) 43.3 11.2
32(テレ玉) 39.3 14.1
BS-1 74.1 21.8(CN) 0
CS-1 72.7 22.8(CN) 0
BS-L14 75.1 23.5(CN) 0
CS-L23 70.0 23.9(CN) 0

BS-L14chは中間周波数が2471MHz
CS-L23chは中間周波数が3206MHz

設置されていた分配器は10~2610MHz対応型でした。築年数を考えると当時はまだ不要だったスペックのものがついていますが、壁のテレビ端子も同様だと考えられます。
それでも3224MHz(3.2GHz)対応型ではなくても問題なく高い周波数の電波を通していることがわかります。
4K8K放送を受信(視聴)する際に、3.2GHz対応ではない分配器やテレビ端子は交換しなくてはいけないと聞くこともあるかもしれませんが、交換しなくても大丈夫なケースは多々あります。

5DA1
10年以上前の分配器ですが4K8K放送を受信するのに問題がありません。

今回の工事料金

合計料金

今回の合計料金は81000円(税込89100円)となりました。

内訳

地デジデザインアンテナ設置
22000円(税込24200円)
4K8K対応BS/110度CSアンテナ設置
22000円(税込24200円)
4K8K対応ブースター設置
23000円(税込16500円)
屋根裏全身作業
8000円(税込8800円)
穴あけ・屋根裏への通線
6000円(税込6600円)

※消費税別料金です。エリア別出張費・有料駐車場料金・任意保険料金・キャンペーン割引などがあった場合は省略しています。
※その他調整費用や決済手数料など根拠のない料金はかかっておりません。

今回利用した部材

地デジデザインアンテナ
U2SWLA20マスプロ電工
4K8K対応BS/110度CSアンテナ
BC453SDXアンテナ
4K8K対応ブースター
EP2UBCBマスプロ電工
サイドベース
MW20ZDXアンテナ
アンテナケーブル
S5CFBT(3重シールド同軸ケーブル)

弊社で取り付けた機器の説明書は工事明細、保証書、保証規定とともにお渡ししております。

施工時間

現地調査・カウンセリング:45分
工事:1時間10分
後片付け・精算:45分

今回の工事のポイント

現在のポラスは壁からアンテナ線の引き込みが出ていることが一般的で、場合によっては引き込み線が二カ所に出ています。
10年以上前のポラスではマルチメディアボックスが設置されていない事例もありましたが、今回はマルチメディアボックス+軒天から引き込み線が一カ所という組み合わせでした。
既存の引き込み線と同様にバルコニー側の軒天からアンテナ線を出すことができ、更に屋根裏で強く電波を受信できたことができたことが幸いでした。
屋根裏からマルチメディアボックスへ通線できなければ、ブースター本体を屋根裏に設置して既存の引き込み線につなげるという工事もできましたが、通線できたことでブースター本体をマルチメディアボックスへ設置することができ、後日必要に応じて簡単に調整ができます。
近い将来外壁の塗装とコーキングの打ち替えを検討しているということで、外壁へのアンテナ線の固定箇所を過剰にしないことと、コーキングの目地をふさがないことを打ち合わせで決めました。
同様の理由からアンテナ線を外壁上に引き回したり、屋根の上を通すことはお勧めしませんでした。

お問い合わせ・共有

工事のご依頼やお問い合わせはお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

投稿者プロフィール

7e024161070bf29409aa679bcf4ed010?s=100&d=mm&r=g | ポラスの中古物件でアンテナ線引き直し(千葉県柏市) | テレビアンテナ工事専門会社のクラウンクラウン
松本 昭彦代表取締役
幼少期より父の仕事の手伝いとして家電配送や家電工事の手伝いしていたことから、設備工事業界に興味を持つ。
学生時代は週末や長期休暇中によくアルバイトとして現場の手伝いを行い経験を積む。
20代前半からリーダーとして現場をこなしつつ、社内システムの構築など会社のIT化を行う。
20代後半から30代前半まで、父の会社のクレーム処理責任者として数多くのクレーム処理や工事の手直しを行う。自社下請け業者のみならず、競合会社のクレーム処理も多く手掛けることにより、設備工事業界改善のヒントを得る。数多くの種類の工事を監督することなどから同時に多くの資格を取得する。
2011年 36歳で株式会社クラウンクラウンを立ち上げ、丁寧な工事で顧客満足度の高いサービスに挑戦する。
39歳の時に社会人大学院にて新規事業について学ぶ。
2021年末、クラウンクラウンが10周年を迎えるとともに設備工事業界とそれに関連する技術者、顧客をより幸せにするためのプロジェクト「おうちのこうじ.com」開始予定。

東京電機大学理工学部情報科学科(中退)
事業構想大学院大学 事業構想士修士課程

主な資格
【国家資格】
1級電気工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
2級電気通信工事施工管理技士補
第一種電気工事士
工事担任者(2級デジタル)
給水装置工事主任技術者
運行管理者

【その他】
第2級CATV技術者
1級あと施工アンカー施工士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
一級リビングスタイリスト
二級福祉住環境コーディネーター
照明士
ポラスの中古物件でアンテナ線引き直し(千葉県柏市)
トップへ戻る
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述