BC453S

BSアンテナをつけると見れるチャンネルはなに

BSアンテナをつけると見れるチャンネルはなに

BSアンテナを設置するとどんなチャンネルが観れるようになりますか

現在のBSアンテナは110°CS兼用アンテナになり、BS無料チャンネル9局(※11チャンネル)、NHK2局(※3チャンネル)、有料放送18チャンネルと、110°CS(スカパー!)無料2チャンネルと有料放送は50チャンネル以上が受信可能です。

なおクラウンクラウンでは4K8K対応アンテナが標準となっており、上記に加えBS4K無料放送7チャンネル、NHK1チャンネル、有料放送2チャンネル、BS8KとしてNHK1チャンネル、)4KCS110として有料放送8チャンネルが受信できます。

全てを合わせると100チャンネル以上が受信できることとなります。

チャンネルと放送局のカウントについて BSの無料放送として放送大学がありますが、放送大学は1局最大3チャンネルとカウントしています。 BSNHKは原則として2局2チャンネルですが、まれに3チャンネル放送を行うこともあるた […]

不適切なアンテナ工事の事故補修

地デジフラットアンテナの倒壊事故
さいたま市南区で台風のために折れてしまったアンテナの修理となります。
ショッキングな画像ですが、実際に起きたことです。
今回は火災保険で直すことができましたが、工事自体はずさんで、2年前に設置した会社での補修よりも弊社での手直しをご希望いただいた事例です。
使用している部材や細かい部分で同業者として危機感を覚える案件となりました。
他社様批判をしたいわけではありませんが、アンテナ工事業界の真実を伝えることが業界の改善につながると信じています。
良くないと思うところを指摘していますので、批判が不快と思われる方はご注意ください。
“不適切なアンテナ工事の事故補修” の続きを読む

トップへ戻る