BC453S

豊島区でアンテナ線引き込み改修と4K8KBSフルセット工事

今回は豊島区のオープンハウス・アーキテクトの新築物件で地デジ+4K8K対応BSのフルセット工事でお伺いしました。
建物の形状と電波受信方向、アンテナ引き込み線位置のバランスが難しく、きれいな施工が難しかったのですが、3階のアンテナ端子を利用してうまく解決することができました。
施工事例としては特殊ですが、施工方法としてはさまざまな状況で参考になるものだと思います。
既存のアンテナ配線も、私共が行うアンテナ配線もタイミングが異なるだけで同様のものです。
既存配線の条件が悪かった場合でも、私共がうまく訂正できる場合があります。
日々お客様満足度の高い工事を提供できるように、頭も体もフル回転でスタッフ一同頑張っています。
“豊島区でアンテナ線引き込み改修と4K8KBSフルセット工事” の続きを読む

BSアンテナをつけるといくつのチャンネルが観れるようになるのか

BSアンテナをつけるといくつのチャンネルが観れるようになるのか

BSアンテナを設置するとどんなチャンネルが観れるようになりますか

現在のBSアンテナは110°CS兼用アンテナになり、BS無料チャンネル9局(※11チャンネル)、NHK2局(※3チャンネル)、有料放送18チャンネルと、110°CS(スカパー!)無料2チャンネルと有料放送は50チャンネル以上が受信可能です。

なおクラウンクラウンでは4K8K対応アンテナが標準となっており、上記に加えBS4K無料放送7チャンネル、NHK1チャンネル、有料放送2チャンネル、BS8KとしてNHK1チャンネル、)4KCS110として有料放送8チャンネルが受信できます。

全てを合わせると100チャンネル以上が受信できることとなります。

FAQカテゴリー

チャンネルと放送局のカウントについて BSの無料放送として放送大学がありますが、放送大学は1局最大3チャンネルとカウントしています。 BSNHKは原則として2局2チャンネルですが、まれに3チャンネル放送を行うこともあるた […]

不適切なアンテナ工事の事故補修

さいたま市南区で台風のために折れてしまったアンテナの修理となります。
ショッキングな画像ですが、実際に起きたことです。
今回は火災保険で直すことができましたが、工事自体はずさんで、2年前に設置した会社での補修よりも弊社での手直しをご希望いただいた事例です。
使用している部材や細かい部分で同業者として危機感を覚える案件となりました。
他社様批判をしたいわけではありませんが、アンテナ工事業界の真実を伝えることが業界の改善につながると信じています。
良くないと思うところを指摘していますので、批判が不快と思われる方はご注意ください。
“不適切なアンテナ工事の事故補修” の続きを読む

トップへ戻る