BSアンテナをつけると見れるチャンネルはなに

BSアンテナを設置するとどんなチャンネルが観れるようになりますか

現在のBSアンテナは110°CS兼用アンテナになり、BS無料チャンネル9局(※11チャンネル)、NHK2局(※3チャンネル)、有料放送18チャンネルと、110°CS(スカパー!)無料2チャンネルと有料放送は50チャンネル以上が受信可能です。

なおクラウンクラウンでは4K8K対応アンテナが標準となっており、上記に加えBS4K無料放送7チャンネル、NHK1チャンネル、有料放送2チャンネル、BS8KとしてNHK1チャンネル、)4KCS110として有料放送8チャンネルが受信できます。

全てを合わせると100チャンネル以上が受信できることとなります。

チャンネルと放送局のカウントについて

BSの無料放送として放送大学がありますが、放送大学は1局最大3チャンネルとカウントしています。
BSNHKは原則として2局2チャンネルですが、まれに3チャンネル放送を行うこともあるため3チャンネルとカウントしています。
WOWOWは3チャンネルとしてカウントしています。

受信と視聴について

BSアンテナを設置すると、上記のように多くのチャンネルが受信できます。
BSアンテナからテレビまでの配線や施設により、いくつかのチャンネルはテレビで受信できない場合があります。
また有料チャンネルは別途有料契約を結ばないと視聴できません。
4K8K放送は対応チューナーがないと視聴できません。

一部テレビで受信できない場合とは

BS放送は1984年にアナログ試験放送を開始したのち、BSデジタル化、110°CS統合化などと段階を追って規格が変更されています。
そのため、既存施設の施工年によっては現在の規格(3.2GHz規格)に対応していないことが考えられます。
BSアンテナとブースターが対応していない場合はその時点で多くの4K放送と8K放送は受信できませんが、アンテナとブースターが対応しており、分配器、アンテナ線、テレビ端子、分波器などが対応していない場合でも状況によっては受信できる場合があります。
なお、一部のBS4K放送は既存のBS/110°CSの規格内で放送が開始されたため、3.2GHz規格に対応していなくても問題なく受信できる可能性があります。※あまり古い設備だと受信できない場合もあります。

無料チャンネル

BS放送

BS公共放送

NHK衛星契約が必要ですが、契約前でも視聴することができます。

110°CS放送

BS4K放送

BS4K公共放送

BS8K公共放送

BS8K公式サイトスクリーンキャプチャ
BS8K公式サイトスクリーンキャプチャより

4K CS110

無料チャンネル無し

参考リンク

お問い合わせ・共有

工事のご依頼やお問い合わせはお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

BSアンテナをつけると見れるチャンネルはなに
トップへ戻る