市川市でハウセットの新築に地デジユニコーンアンテナを設置

市川市のハウセットでユニコーンアンテナ取付

アンテナ工事の内容や受信電波状況詳細、実際にかかった工事費用について解説します。
ハウセットの新築物件に地デジアンテナを設置してきました。
デザインアンテナ自体はだいぶ普及してきましたが、フラットタイプのものを見ることが多いと思います。
今回はマスプロ電工の円柱状デザインアンテナ、U2CN(ユニコーン)の設置事例です。

ハウスメーカー様等の敬称は記事中では省略させていただいております。

アンテナ工事概要

道路に面して手前に2棟、奥に旗竿状の敷地で2棟、合計4棟建っている現場でした。
1棟は既に工事が終わっておりましたが、今回はその隣となる奥の建物へのアンテナ設置でした。

隣のアンテナ
隣のアンテナはフラットタイプのデザインアンテナをサイドベースとマストで高くしていました。

市川市は地デジの受信が悪い地域ではないのですが、周辺状況によって大きく変わります。
今回は壁面の高さでは少し電波が弱く、屋根よりも少し高くするだけで大きく電波受信状況が改善できました。
屋根の上にワイヤーで固定する以外は、お隣のように壁からマストを立ち上げ、その上部に何かしらのアンテナを設置することになります。
弊社の場合は、小型のデザインアンテナ(SDA-5-1)、八木式アンテナ、ユニコーン(U2CN)のいずれかから選ぶことになります。
今回は事前にお客様からユニコーンのリクエストがありましたが、弊社の工事車両は通常時にも車に積んでおりますので、現地で決めていただくこともできます。

テレビアンテナ工事の手順

  1. カウンセリングと電波の確認

    受付時に聞いていたお客様のご希望を再確認し、設置希望位置での電波調査をします。
    設置場所が3階のバルコニーだったため、一般的なフラットタイプでの電波も測定しましたが、やはり正面の障害物のせいで屋根より少しだけ上げないと電波が安定しませんでした。
    今回設置したユニコーンはブラックブラウンと言う色ですが、白のユニコーンと実機を見比べていただき、最終的にこちらの色になりました。

  2. その他の確認と最終見積提示

    分配器の場所とブースター用電源の有無、配線の状況などを確認し、最終的な工事金額を提示します。
    分配器は1階の浴室天井点検口の中にあり、アンテナの入力用配線が3系統用意されていました。

    3本のアンテナ入力線
    いくつかの電波入力に対応していると我々アンテナ工事会社や光回線会社、CATV会社などは助かりますし、お住まいになる方も大掛かりな工事なしに様々な入力に対応できることがあります。

    光TV用アンテナ配線
    室内の光回線引き込み近くに、分配器までつながるアンテナ線が用意されていると、光回線でテレビを視聴する場合でもすっきりとした設置ができます。

  3. テレビアンテナおよびブースターの設置

    ユニコーンアンテナの固定部分
    ユニコーン(U2CN)は本体中心にマスト固定金具がついているので、出来上がりはマストがアンテナに刺さったようなすっきりとしたものとなります。

    ユニコーンアンテナ(U2CN)
    マストの固定の際にしっかり中心を合わせないと、仕上がりがまがってみっともなくなってしまうので注意が必要です。

    ブースターは分配数と受信電波の強さのバランスを見てボリュームを調整します。

  4. 屋内のアンテナ端子で電波確認

    各部屋のアンテナ端子で電波が問題ないことを確認します。

  5. 片付け・確認・ご精算

    施工場所の後片付けと清掃を行い、工事個所を確認していただきます。(目視や写真による確認)
    ご不明点などがないか確認し、ご精算を行い終了です。

  6. ※工事の手順、内容は現場ごとに異なります。

電波測定結果

※左は小型アンテナによるテスト測定です。ともにアンテナ直下の数値であり、部屋のアンテナ端子の測定結果ではありません。

SDA-5-1 U2CN
物理チャンネル 放送局 LEVEL MER BER LEVEL MER BER
16 MX 43.8 29.3 0 48.5 32 0
21 フジ 58.2 32 0 64.3 32 0
22 TBS 59.6 31.9 0 63.0 32 0
23 テレ東 62.5 29.3 0 67.8 32 0
24 朝日 60.3 32 0 64.3 32 0
25 日テレ 60.5 32 0 63.8 32 0
26 ETV 64.0 32 0 65.9 32 0
27 NHK 65.5 32 0 72.1 32 0
30 チバテレ 31.1 17.6 1.7E-2 32.3 18.3 1.8E-2

SDA-5-1の測定結果は手持ちでテストした時の数値なので、実際に取り付けるともう少し数値が良くなる可能性はあります。
ですが、ユニコーンは縦に長いこともあり、同じ長さのマストに取り付けたときにアンテナの最頂部はユニコーンの方が50cm程度高くなります。
今回は目の前に障害物があったため、この高さの差が受信結果に顕著に表れていると思います。
以前八木アンテナ株式会社から、円柱状のDUCAという無指向性アンテナが発売されていました。ユニコーンはDUCAの進化版のようなものですが、こちらは無指向性ではないため、しっかり受信方向に正面を向ける必要があります。そしてこの計測結果を見ると、向いている方向とは異なるチバテレの電波はスカイツリーの電波のように改善されていません。
SDA-5-1と比べると、U2CNは複数の方向からの電波を同時に受信するのには向いていないかもしれません。
※指向性が強いと周りの障害物に反射して遅れて受信する反射波の影響が少なくなり、遅延波によるノイズを受けにくいというメリットがあります。

今回の工事料金

合計料金

今回の合計料金は46000円(税込50600円)となりました。

内訳

ユニコーンアンテナ設置
25000円(税込27500円)
地デジブースター設置
15000円(税込16500円)
点検口内作業
3000円(税込3300円)
3階バルコニー外作業
3000円(税込3300円)※バルコニーから大きく身を乗り出す必要がある作業は梯子作業と同等の料金がかかります。

※エリア別出張費・有料駐車場料金・任意保険料金・キャンペーン割引などがあった場合は省略しています。
※その他調整費用や決済手数料など根拠のない料金はかかっておりません。

今回利用した部材

地デジデザインアンテナ
U2CNマスプロ電工
地デジブースター
N42DU2日本アンテナ
サイドベース
MW20ZDXアンテナ
アンテナケーブル
S5CFBT(3重シールド同軸ケーブル)

弊社で取り付けた機器の説明書は工事明細、保証書、保証規定とともにお渡ししております。

施工時間

現地調査・カウンセリング:25分
工事:45分
後片付け・精算:25分

今回の工事のポイント

3階建ての建物とは言え、目の前に障害物(手前の家ではなくその更に手前に大きな障害物がありました)があったため、バルコニーの壁面と、そこから1m高くしたことによる受信電波には大きな差がありました。
ユニコーンはとてもスタイリッシュなアンテナで、今回のように壁よりも高い位置にアンテナを設置したいときの選択肢としては是非一考していただきたいアンテナです。
アンテナの性能自体は14素子相当と言われていますが、今回の事例で言うと【ユニコーン(14素子相当)】>【小型アンテナ(5素子相当)】>【バルコニー壁面の20素子相当フラットアンテナ】という結果になっています。
アンテナの性能そのものよりも、アンテナの設置位置が大きく受信結果を左右した事例です。
特に住宅が密集している地域などでは、壁面の高さとそれを越えた高さでは、数十センチの差が大きな差になることも珍しくありません。
クラウンクラウンは現地で様々なアンテナの実機を試してみることができます。
アンテナ工事に不安がある方は是非まずはお気軽にご相談ください。
お電話やメールによるカウンセリング、お見積りは無料です。

お問い合わせ

工事のご依頼やお問い合わせはお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

市川市でハウセットの新築に地デジユニコーンアンテナを設置
トップへ戻る
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述