お電話によるお問い合わせは0800-080-9696(無料通話)まで

横須賀市の風を考慮したスターリンク取付工事:ウッドデッキを貫通した配線

横須賀市ウッドデッキ貫通スターリンク工事
CASE
横須賀市の絶景の場所でスターリンクの取付工事を実施。強風に耐えるための特別な設置法やウッドデッキを貫通するケーブル配線の手法を採用。詳細な施工過程を写真と動画で紹介。通信環境の最適化を求める方は、この実践的な事例をチェックしてください。

目次(矢印で開閉)

横須賀市ウッドデッキ貫通スターリンク工事

今回、私たちは横須賀市でスターリンクの取付工事を行いました。富士山が海越しに見える絶景の場所でしたが、海風が強く吹くことがあるため、二つの金具を使用して強度を高めた取付を実施しました。
さらに、ルーフバルコニーのウッドデッキを貫通する形でケーブル配線を施工しました。
今回は動画と多くの写真で施工内容を解説しています。

※ハウスメーカー様等の敬称は記事中では省略しております。

スターリンクアンテナ工事概要

今回の工事におけるポイント

  1. 海風に対する強固な固定の要望:
    海風が強い地域での設置だったため、お客様は特に強固な固定を希望されていました。
  2. ルーターの設置位置は2階:
    建物の構造が特殊で、2階のベランダの上にルーフバルコニーが設置されていました。
  3. ルーフバルコニーからのケーブル取り回しに難しさ:
    アンテナはルーフバルコニーの横に取り付けるのが最適と判断しましたが、アンテナ設置場所から2階までのケーブル取り回しが難しい構造でした。
  4. ウッドデッキへの穴あけ:
    ルーフバルコニーはウッドデッキで構成されていました。そのため、デッキの端に穴を開けてケーブルを通す必要がありました。穴の切り口が腐食しないようにするとともに、ケーブルが傷つかないような工夫が求められました。

今回の工事まとめ動画

スターリンクアンテナ工事概要

スターリンクは、イーロン・マスクCEOが率いるスペースX社が提供するサービスです。低軌道に飛ぶ何千もの小型衛星を用いたインターネットサービスです。
日本では2022年10月にサービスを開始しました。なお通信に利用される低軌道衛星は日々増え続けています。

スターリンク工事の共通ポイント

  1. スターリンクは既に第2世代で、取り付けに使う金具などが異なる
    日本国内でのサービス提供は2022年10月に始まりましたが、2022年の終わりには既に第2世代に移行しています。第1世代の丸いアンテナと第2世代の四角いアンテナは、重量だけでなく支柱の外形寸法も異なり、スターリンクケーブルの形状も違います。そのため、どちらのアンテナを設置するのかは工事の前に確認しておく必要があります。当社ではどちらの施工実績もあり、工事の材料はどちらのアンテナに対しても常に用意しています。
    ただし、第一世代のアンテナキット(丸型)を使用する場合は、スターリンク純正のポールアダプターマウントの準備をおすすめします。
  2. 現在注文すると届くのは第2世代
    将来的に第3世代が出てくるとしても、現時点で第1世代のものが届くということはありません。そのため、これからアンテナキットを注文する方には、今回の工事事例が参考になると思います。なお、現在は初期の第2世代のキットと異なり、同梱されているスターリンクケーブルの長さが15mと短くなっています。
  3. アンテナとルーター間のスターリンクケーブルはオリジナルの既製品
    これは、状況によっては深刻な問題を引き起こす可能性があります。原則として市販品で代替することはできないため、ケーブルが傷つかないようにすることが重要です。また、ケーブルの先端形状から既設配管内に通線するのは非常に条件が厳しいです。第2世代の場合、ケーブル先端の硬くて曲がらない部分が64mmもあります。第1世代はいわゆるLANケーブルですが、アンテナ側は既に固定されており、ルーター側(実際にはACアダプターへ接続)には先端近くに大きなフェライトコアがあります。(寸法未確認)
  4. 第1世代はアンテナ側から配線(第2世代はルーター側から)
    第2世代のスターリンクケーブルは単独で存在しますが、第1世代のスターリンクアンテナキットでは、スターリンクケーブルはアンテナ本体に接続されています(取り外しは不可能です)。
    そのため、アンテナからアダプターに向かって配線工事を行います。
    取付の順番としては、こちらの方がスムーズに作業が進むと思います。
  5. ケーブルは屋外用だが、傷防止のためのカバー推奨
    長期間の使用を考慮すると、PF管などを使用して紫外線を遮ることをお勧めします。当社では標準的なコルゲートチューブを使った屋外配線が基本ですが、さらに高耐候性の配管を使うこともできます。しかし、何よりもケーブルに傷をつけないようにカバーすることが重要です。
  6. 設置金具やノウハウの多くはテレビアンテナ工事のものが役に立つ
    スターリンクのアンテナは、基本的に周囲に障害物がないことが重要です。そのため、一般的には広い空き地か建物の屋根より高い位置に固定して使うのが最適です。自宅で使う場合は、必然的に後者になります。そのため、アンテナを屋根より高い位置に固定することは、アンテナ工事会社が得意とするところです。ただし、スターリンクのアンテナ自体が外部の金具で固定することをあまり想定していないため、それらの金具等の選定には知識や経験が必要となります。
  7. ※ただし電気工事なので、多くのアンテナ工事業者の工事は違法の可能性がある
    これは何度も強調したいことですが、エアコン工事と同様に、スターリンクアンテナの工事には「電気工事業の許可」が必要です。DIYでやることが前提のようなキットですが、ケーブルの固定も日本では電気工事士の資格が必要です。一部のアンテナ工事会社が名乗りを上げていますが、注文するときには必ず会社概要に「電気工事業の登録番号」が記載されているか確認しましょう。

クラウンクラウンでは現在ツイッターで最新情報を発信しています。最新情報をチェックしたい方は是非フォローしてください。

  1. 現状の確認とカウンセリング、工事料金の案内

  1. 穴あけ場所への養生

室内養生
室内の壁には通線用の穴を開けますが、細かいゴミが床に落ちないよう、また工具などを置いて床が傷つかないように養生をします。
  1. コンセントプレートを設置するための壁を切り欠きます

室内の穴あけ
コンセントプレートを設置するための穴ですが、通線用の貫通穴をきれいに確実に開けるための手助けにもなります。ケーブルが通るだけの小さい穴の方がいいように思う方もいると思いますが、こうやって切り欠いたスペースの方がしっかり防虫や防気仕上げができます。手の入らない小さい貫通穴の方がかえって問題になることもあります。
  1. 室内から貫通穴の中心を出す

穴あけ(心出し)
ドリルの中心を室内から出すことで、穴の位置の確認ができます。この時点で少しなら場所の修正も可能です。
  1. 専用のドリルで穴あけ

穴あけ
心(中心)に合わせて専用のドリルで穴あけをします。壁の材質によってドリルも使い分けます。
  1. 一層ずつ丁寧に穴をあけていきます

表層の穴あけ
一気に穴を開けずに一層ごとに丁寧に穴をあけていきます
  1. 専用のドリルで穴をあける

ドリルコア抜き
ドリルコアには長さに余裕があるので続けて穴あけもできますが、可能であれば一層ごとにドリルコアの中身をきれいにしながら穴をあけます。
  1. ウッドデッキの貫通場所を確認

穴あけ位置の確認
この矢印の位置に穴をあけます。
  1. 念のため中心を出します

下穴
ウッドデッキに穴をあけるので、場所の確認を慎重に行っています。
  1. 心出しのドリルの確認

ドリルの下穴
ドリルの貫通位置を確認します。
  1. ウッドデッキの貫通穴

ウッドデッキ貫通
動画では紹介していますが、この貫通穴の断面から水がしみ込まないようにコーキングを塗った保護パイプを設置しています
  1. 保護パイプを取り付けたらケーブルを通します

ウッドデッキの貫通通線
ウッドデッキにあけた穴は保護パイプとコーキングで仕上げています。スターリンクケーブルは先ほど開けた壁の穴を通し、室内から屋外へ、屋外からウッドデッキの上まで通線します。
  1. ウッドデッキの断面防水

上部から見たウッドデッキ
貫通穴からケーブルを取り出したところです。
  1. スターリンク取付金具の設置

アンテナマストの設置
金具を2段で設置するにはしっかり垂直になることが重要です。金具の位置が1mmずれるだけで大きくマストが傾く原因になるので、レーザーなどで住みだしをしない場合は実際にマストが垂直になるように設置します。
  1. 金具の垂直だし

金具の固定
動画でも触れていますが、一気に金具を固定するのではなく、上下の金具を一緒に固定していきます。このあとマストの中にケーブルを通す場合は特にマストをいったん外すので、ここが適当だとマストの脱着で垂直がとりづらくなります。
  1. ステンレスビスによる固定

ステンレスビスとコーキング
屋外で使うビスはステンレスまたは同等の防錆性能を持ったものを使いますが、固定部分の防水として下穴をあけた後にビスにコーキングを塗布してから打ち込んでいます。
  1. コルゲートチューブの長さ測定

コルゲートチューブの長さ測定
今回はオプションの高耐候性ナイロンチューブを使うのですが、ナイロンチューブは固いので、あらかじめ長さを測ってからカットします。
  1. ナイロンチューブへの取り替え

14ナイロンチューブの貫通の様子
コルゲートチューブを交換する際には、一度通した穴からケーブルをいったん抜くか、穴の手前からチューブを被せていく必要があります。
  1. パテで防水

ナイロンチューブを通したところの下側
このように隙間はあまりありませんが、チューブの周囲を雨が伝って流れてくるのでこの隙間は上からパテで埋めてしまいます。
  1. スターリンクアンテナの固定

スターリンクケーブルの保護が完了し、スターリンクのアンテナを事前に設置したマストへ固定します。
  1. ケーブル固定後のケーブル貫通穴

ケーブルは壁の中で一回転させることで、内外どちらから引っ張られた場合でも、いったんここがクッションになります。また今回は防気カバーをつけていますので、仕上げの時に処理がしやすくなります。
  1. パテ埋め

屋外のケーブル固定が終わった後に、可能であればこのように室内側からも穴の隙間にパテやコーキングを施します。
  1. 屋外の防雨カバー下地

貫通穴の屋外側には防雨入線カバーを設置します。今回はナイロンチューブを使っているため大型の入線カバーになっています。
  1. 貫通穴の防水・防虫

通線後の隙間はパテやコーキングで埋めておいた方が防虫にもなります。壁が不陸(平らではない)の時は特に防水のためにも隙間はしっかり埋めましょう。表層だけではなく、外壁が何層かになっている場合は奥までしっかり隙間を埋めます。
  1. 防雨カバー仕上がり

防雨入線カバー
カバーは大型の場合で4色、小型は4色または旧タイプのものから選べます。カバーは防雨だけではなく、仕上がりの見た目も整えてくれます。
  1. 防気カバー

室内の防気カバー(気密カバー)
コンセントの隙間から風が入ってくる場合などは防気カバーをつけることで隙間風を軽減できます。
  1. 室内プレート仕上げは標準仕様

スターリンクケーブルの室内取り出し
工事会社の多くがケーブルの室内取り出しをこのように加工する場合は追加費用がかかりますが、当社では標準仕様にしています。
  1. 防気カバーの様子

防気カバー
防気カバーは最近人気のオプションです
  1. 室内カバー仕上げ

スターリンクケーブルの室内仕上げ
ケーブルの取り出し口の仕上げ(実際にはここから外に出しているので入り口と言えます)
  1. 工事完了

スターリンク(Starlink)の工事完了写真
取付完了です。 ここまでに結線を完了して、アンテナを動かしておくと時間短縮になります。
  1. 速度テストの結果

starlink-speed-test
セットアップ完了後の速度テスト

今回の工事料金

※エリア別出張費・有料駐車場料金・任意保険料金・キャンペーン割引などがあった場合は省略しています。
この記事を公開した2023年6月の価格に基づいています。価格改定があった場合は表記が更新される場合もあります。

合計料金

今回の合計料金は63000円(税込69300円)でした。

内訳(税別表記)

【基本料金】
スターリンクンアンテナ壁面・破風設置
22000円
スターリンクケーブル固定 4m
4000円
穴あけと通線一式
含まれるもの(穴あけ・通線・室内コンセント枠開口・室内コンセントカバー設置・テレホンガイド設置・屋外標準防雨入線カバー)
15000円
【追加工事】 【オプション】
耐候性チューブ 4m
4000円
大型入線カバー差額
1000円
マスト延長
4000円
サイドベース追加
6000円
ウッドデッキ穴あけ
5000円
保護パイプ
1000円
防気カバー
1000円
※明細は消費税別表記です。
※その他調整費用や決済手数料などはかかっておりません。

今回利用した部材

無資格者のDIY防止の観点から現在は一部非公開にしています。
工事発注の判断のために知りたい方はお気軽にご相談ください。適切な品質の材料を使っていますので、複数相見積もりの際にはぜひ判断材料の一つとしていただきたいです。
※ビスはステンレスビス、シリコーンコーキングは屋外用変成シリコーンを使っています。

施工時間

現地調査・カウンセリング:30分(事前にメールによるカウンセリング済み)
工事:2時間
後片付け・精算:30分

今回の工事のポイント

今回はウッドデッキの貫通工事がポイントでした。さまざまな素材に合わせたドリルも揃えているので、今回のようにウッドデッキでも貫通して当日工事を行うことができます。また貫通面から水がしみ込んで腐らないような工夫が必要ですね。

投稿者プロフィール

松本 昭彦代表取締役
経歴と専門分野:
幼少期から家電設備の工事に親しみ、クラウンクラウンの設立の前に15年以上にわたりさまざまな設備工事の現場で経験を積みました。クレーム処理責任者としての役割を経て、2011年に独立。品質重視と明朗会計をモットーに掲げ、業界改革を目指してアンテナ工事専門の「クラウンクラウン」を設立しました。

学歴:
東京電機大学理工学部情報科学科(中退)
事業構想大学院大学 事業構想士修士課程

主な資格:
国家資格:
1級電気工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
2級電気通信工事施工管理技士補
第一種電気工事士
工事担任者(2級デジタル)
給水装置工事主任技術者
運行管理者

その他資格:
第2級CATV技術者
1級あと施工アンカー施工士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
一級リビングスタイリスト
二級福祉住環境コーディネーター
排水設備工事責任技術者
照明士

投稿者プロフィール

松本 昭彦代表取締役
経歴と専門分野:
幼少期から家電設備の工事に親しみ、クラウンクラウンの設立の前に15年以上にわたりさまざまな設備工事の現場で経験を積みました。クレーム処理責任者としての役割を経て、2011年に独立。品質重視と明朗会計をモットーに掲げ、業界改革を目指してアンテナ工事専門の「クラウンクラウン」を設立しました。

学歴:
東京電機大学理工学部情報科学科(中退)
事業構想大学院大学 事業構想士修士課程

主な資格:
国家資格:
1級電気工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
2級電気通信工事施工管理技士補
第一種電気工事士
工事担任者(2級デジタル)
給水装置工事主任技術者
運行管理者

その他資格:
第2級CATV技術者
1級あと施工アンカー施工士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
一級リビングスタイリスト
二級福祉住環境コーディネーター
排水設備工事責任技術者
照明士