積水ハウスでJ:COMから屋根裏アンテナへ切り替え工事

積水ハウスの屋根裏アンテナ設置工事
屋根裏へのアンテナ設置ですがスムーズに設置でき、金額も抑えた工事となりました。
鉄骨造の建物ですが屋根裏が広く、電波の受信は問題ありませんでした。

アンテナ工事概要

J:COMから屋根裏のアンテナへ移行しました

今までJ:COMでテレビ視聴とインターネットサービスをご利用なさっていたところ、インターネットをau光に切り替えるため、同時にJ:COMを解約してアンテナを設置しようというご依頼でした。
また可能であれば屋根裏の中にアンテナを修めてしまいたいというリクエストをいただいておりました。

積水ハウスは屋根裏に配線が通っていることが多い

積水ハウスは弊社の施工事例では屋根裏にアンテナの引き込み線(分配される前のおおもとのアンテナ線)が通っていることが多く、手の届くところにあればその線にアンテナをつなげることで比較的簡単な工事で納めることができます。
今回も屋根裏にアンテナ配線が通っており、その線を利用して屋根裏にアンテナを設置することになりました。

屋根裏の端をアンテナ配線が通っているのが見えます
屋根裏の端をアンテナ配線が通っているのが見えます

アンテナ配線をたどったアニメーション
左奥から屋外にアンテナ配線が出ています

積水ハウスの場合、ブースターは屋外についていることがある

積水ハウスは鉄骨造、木造と両方ありますが、鉄骨造の場合は特に屋外のボックスにアンテナ配線がまとめられていることが多いようです。
木造の場合は屋内のマルチメディアボックスにまとめられていることもあります。

積水ハウスの屋外アンテナ配線ボックス
こちらのボックスの中にブースター(ブースター用電源)、分配器が収められています。

アンテナ配線ボックスの中身
アンテナ配線ボックスを開けるとこのようになっています。

J:COMなどケーブルテレビを契約しているとブースターが設置されていることが多い

多くの場合、CATV(ケーブルテレビ)をご契約されている場合は、宅内にブースターを設置しています。またこれらのブースターはCATV会社が設置した場合でも通常は返却不要でそのまま使いまわすことが可能です。
※ブースターを返却不要かどうかの判断は弊社ではできかねますので、お客様が直接加入しているCATV事業者様までご確認ください。
アンテナ受信用のブースターとCATV用ブースターは異なりますが、CATV用をアンテナ受信で利用することは可能です。
上記の写真でもわかるように、今回もボックス内にブースターが設置されておりそのまま再利用しています。

アンテナ工事の手順

既存ブースターの確認

J:COM(CATV)からの入れ替えということでしたので、既存ブースターの有無を確認しました。
事前にお電話でも「ブースターは屋外のボックスにあるようです」とのお話をいただいておりましたのが、その通り設置されていました。
設置されていたブースターは東芝テクノネットワークのTHC-77FS3でした。
電波状況によっては取り換えた方がいい場合もありますが、今回は良好に電波が受信できていたためそのまま再利用しています。

※余談ですが、東芝テクノネットワーク株式会社は現在の東芝コンシューママーケティング株式会社ですが、2019年4月にアンテナ・メディア事業を日本アンテナ株式会社へ譲渡しています。

配線確認

アンテナを設置するにあたり、屋外に出ているアンテナ配線の大元の場所と電波の受信方向を照らし合わせます。
アンテナの設置位置から配線の方法なども確認します。
アンテナの設置可能位置(電波測定はまだのため、形式上での話となります)をお客様にお伝えするとともに、お客様のご希望を伺います。

電波調査

今回は屋根裏設置が第一希望でしたので、まず屋根裏で電波測定を行いました。
2階の天井点検口を開け、脚立に乗った状態で電波測定を行いましたが十分受信範囲に入っていました。
ただしTOKYO MXが弱く受信できない可能性が高いこと、テレ玉は問題ないことがわかりましたので、お客様には状況を説明し問題ないことを確認しました。

アンテナ設置

屋根裏に潜り実際にアンテナを設置します。
木造の場合は柱や梁にアンテナを固定しますが、今回は鉄骨造であったためステンレスバンドで固定しています。

テレビ端子で電波確認

今までCATVでテレビを視聴されていたので基本的には問題ないはずですが、念のためテレビ端子(端末)での電波測定を行います。
特に今回は既存ブースターの調整なしの工事だったため、利得不足が起きていないかのチェックも必要です。

またアンテナの取付状況を確認していただくところですが、屋根裏の奥で直接見ていただくのが危険なため、スマートフォンで撮影した画像を確認していただきました。

片付け・ご精算

工事場所の掃除を行い、ご精算して終了です。
弊社では現金以外にクレジットカード、コンビニ払いでのご精算も可能です。

※工事の手順、内容は現場ごとに異なります。

電波測定結果

TOKYO MXはギリギリノイズなしで視聴できるかどうかという程度でしたが、特に視聴されないとのことでしたので問題ありません。
テレ玉も強すぎることもなくキー局と同等に受信できました。こちらも特に視聴されないとのことでしたが入るに越したことはありませんね。

アンテナ直下 テレビ端子
物理チャンネル 放送局 LEVEL MER BER LEVEL MER BER
16 MX 31.6 25.2 0 33.7 21.1 2.5E-5
18 TVK x x x x x x
21 フジ 49.8 32 0 52.1 32 0
22 TBS 52.8 32 0 53.1 32 0
23 テレ東 52.7 32 0 54.7 32 0
24 朝日 53.3 31.7 0 54.1 32 0
25 日テレ 51.4 32 0 53.7 32 0
26 ETV 49.9 32 0 51.8 31.5 0
27 NHK 50.5 32 0 51.8 31.3 0
30 チバテレ x x x x x x
32 テレ玉 52.6 31.9 0 53.2 32 0

TOKYO MXはこの状態でもギリギリ映っていますが、より安定して受信するにはアンテナを屋根の上に設置するか、ブースターを取り換えるなどの方法があります。

今回の工事料金

合計料金

今回の工事は32000円となりました。

内訳

アンテナ設置料金
22000円
屋根裏内作業(全身作業)
8000円
夏季割増料金(屋根裏作業)
2000円

税別価格となります。
その他調整費用や決済手数料などはかかっておりません。

今回利用した部材

アンテナ本体
U2SWLA20(マスプロ電工)

施工時間

現地調査・カウンセリング:1時間
工事:30分
後片付け・精算:15分

今回の工事のポイント

アンテナの固定方法

今回は鉄骨造の建物で、屋根裏も鉄骨で組まれていました。
ダイワハウスなども同様ですが、こういった場合は柱に金具をビス留めすることができませんので、ステンレスバンドを使った固定方法となります。

屋根裏でステンレスバンドで固定されTらフラットアンテナ
鉄骨部分にステンレスバンドでアンテナを固定しています

ステンレスバンドで固定された部分の拡大写真
もともとフラットタイプのアンテナの固定金具には、ステンレスバンドで固定するためのスリットが設けられています。

ステンレスバンドで固定するというと不安になる方もいらっしゃいますが、しっかりと締め上げればずれることはありません。電柱に固定された街灯などもステンレスバンドで固定されていることもあるくらいです。

配線の処理

引き込み線は屋根裏の端を通っていましたがなんとかたぐり寄せることができる場所でした。
配線をカットしてつなげるわけですが、将来的にBSアンテナを設置する場合やもう一度ケーブルをつなぎ直す可能性を考え、切断したケーブルの使用しない方(屋外につながっている方)も手の届くところに寄せておきました。

アンテナ引き込み線をカットしたところ
配線をカットして両端とも近くまで引き寄せておきます

切断したケーブルのみ使用部分も近くに寄せておきます
切断したケーブルのみ使用部分も近くに寄せておきます

屋外の場合は配線の先端はテープを巻くなどの簡易防水処理を行っておく方がいいのですが、屋内の場合は特にそのままでも特に問題はありません。
既存アンテナケーブルとアンテナ本体のジョイント
左のケーブルが既存のもので、右のケーブルはアンテナ本体からつながっています

アンテナ本体からジョイント部分までのアニメーション
アンテナ本体から伸びたケーブルが既存のケーブルまでジョイントされています

屋根裏へのアンテナ設置について

屋根裏へのアンテナ設置は条件が合えば非常にお勧めの工事の一つです。
注意点としては主に以下のようのことが言えます。

  1. 地デジアンテナは可能でもBS/CSアンテナは屋根裏に入れることができないこと
  2. 金属屋根では受信できないことがある
  3. 太陽光パネルも電波を遮ることがある
  4. 将来の屋根リフォーム時に屋根板金を行ったり、金属が含まれる遮熱塗料などを塗ると電波が遮られる場合がある
  5. 屋根裏に既存アンテナ配線がない場合は工事ができない場合がある、または工事が高額になる場合がある

工事のご依頼やお問い合わせはお気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

投稿者プロフィール

7e024161070bf29409aa679bcf4ed010?s=100&d=mm&r=g | 積水ハウスでJ:COMから屋根裏アンテナへ切り替え工事 | テレビアンテナ工事専門会社のクラウンクラウン
松本 昭彦代表取締役
幼少期より父の仕事の手伝いとして家電配送や家電工事の手伝いしていたことから、設備工事業界に興味を持つ。
学生時代は週末や長期休暇中によくアルバイトとして現場の手伝いを行い経験を積む。
20代前半からリーダーとして現場をこなしつつ、社内システムの構築など会社のIT化を行う。
20代後半から30代前半まで、父の会社のクレーム処理責任者として数多くのクレーム処理や工事の手直しを行う。自社下請け業者のみならず、競合会社のクレーム処理も多く手掛けることにより、設備工事業界改善のヒントを得る。数多くの種類の工事を監督することなどから同時に多くの資格を取得する。
2011年 36歳で株式会社クラウンクラウンを立ち上げ、丁寧な工事で顧客満足度の高いサービスに挑戦する。
39歳の時に社会人大学院にて新規事業について学ぶ。
2021年末、クラウンクラウンが10周年を迎えるとともに設備工事業界とそれに関連する技術者、顧客をより幸せにするためのプロジェクト「おうちのこうじ.com」開始予定。

東京電機大学理工学部情報科学科(中退)
事業構想大学院大学 事業構想士修士課程

主な資格
【国家資格】
1級電気工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
2級電気通信工事施工管理技士補
第一種電気工事士
工事担任者(2級デジタル)
給水装置工事主任技術者
運行管理者

【その他】
第2級CATV技術者
1級あと施工アンカー施工士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
一級リビングスタイリスト
二級福祉住環境コーディネーター
照明士
積水ハウスでJ:COMから屋根裏アンテナへ切り替え工事
トップへ戻る
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述