お電話によるお問い合わせは0800-080-9696(無料通話)まで

スターリンクはどこに設置できますか?設置場所が知りたいです

スターリンクを使う場合のアンテナとルーターの設置場所を教えてください

スターリンクのアンテナは屋外へ設置します。日本の場合は主に北方面の空が開けている場所に設置します。
そのうえでアンテナを設置する場所としては

  1. 地面
  2. 建物の屋根や屋上
  3. 建物の外壁
  4. バルコニーのフェンス・手すり
  5. 自立柱(ポール)

上記の4か所が主なアンテナの設置場所ですが、条件によりそれぞれでなお細かく場所が分かれます。

スターリンクのルーターは屋内(屋外以外)へ設置します。屋外にルーターを置いて使用すると日本の場合は5GHz帯の電波利用になり電波法に抵触します。
屋外ではない場所としては車の中なども含まれるため、必ずしも建造物の中でなくてはいけないわけではありません。ただしスターリンクのアンテナとルーターは専用のスターリンクケーブルで直接接続するため、屋外から屋内への配線に気をつけなくてはいけません。
なお初期型の丸いアンテナキットの場合はスターリンクケーブルが約30m、第2世代の四角いアンテナキットの場合は付属するスターリンクケーブルが約23m、現行キットは約15mになっています。ただし第2世代のキットはケーブルが独立しており(初期型はアンテナ本体から取り外すことができない)別売りのスターリンクケーブルとしては約45mタイプも用意されています。

FAQカテゴリー

このFAQコンテンツは、スターリンクを利用する際のアンテナとルーターの設置場所についての情報を提供しています。アンテナの設置場所には、地面、建物の屋根や屋上、建物の外壁やバルコニーのフェンス・手すり、自立柱(ポール)があります。ルーターは屋内に設置する必要があります。クラウンクラウンでは、スターリンク取り付け工事を行っており、工事料金表も公開しています。

スターリンクの契約方法は?

スターリンクの契約はどうすればいいですか?

スターリンクの契約方法は以下の通りです。

  1. 公式ウェブサイトで注文:スターリンクの公式ウェブサイトで、アンテナとサブスクリプションを注文することができます。注文後、スターリンクはアンテナの出荷と設置の準備を始め、利用可能な場合はサブスクリプションを開始します。
  2. スターリンクアプリを使用して注文:スターリンクのアプリを使用して、アンテナとサブスクリプションを注文することもできます。アプリをダウンロードし、アカウントを作成すると、注文が可能になります。

以上が、スターリンクの契約方法です。注文やサブスクリプションに関する詳細については、公式ウェブサイトまたはカスタマーサポートにお問い合わせください。

FAQカテゴリー

スターリンクの契約方法は以下の通りです。

  1. 公式ウェブサイトで注文:スターリンクの公式ウェブサイトで、アンテナとサブスクリプションを注文することができます。注文後、スターリンクはアンテナの出荷と設置の準備を始め、利用可能な場合はサブスクリプションを開始します。
  2. スターリンクアプリを使用して注文:スターリンクのアプリを使用して、アンテナとサブスクリプションを注文することもできます。アプリをダウンロードし、アカウントを作成すると、注文が可能になります。

以上が、スターリンクの契約方法です。注文やサブスクリプションに関する詳細については、公式ウェブサイトまたはカスタマーサポートにお問い合わせください。

スターリンクの料金は?

スターリンクのアンテナ料金と月額費用が知りたい

Starlinkは初期費用と月額費用がかかります。

初期費用はアンテナキット代と必要に応じて設置工事代がかかります。
アンテナキットはプランによって構成と金額が異なります。

各プランごとの金額

  1. レジデンシャルプラン(自宅など決まった場所で使う場合)
    ハードウェア:55000円(2023年9月12日改定)
    送料:2,850円
    月額費用:6,600円
  2. ビジネスプラン(業務用途として使う場合)
    ハードウェア:
    標準:96,000円
    フラットハイパフォーマンス:365,000円
    送料:10,545円
    月額費用:
    40GB優先:16,600円
    1TB優先:28,000円
    2TB優先:56,000円
    6TB優先:168,000円
  3. Roamプラン(旧RVプラン・いろいろな場所で使う場合)
    ハードウェア:
    標準:55,000円
    フラットハイパフォーマンス:365,000円
    送料:2,850円
    月額費用:※停止月は0円
    モバイル(国内):9,900円
    モバイル(グローバル):25,900円
    モバイル優先50GB:33,408円
  4. モバイルプラン(車などに取り付けて移動しながら使う場合)
    Roamプランに統合されました。
  5. マリタイムプラン(船上など海上で使う場合)
    ハードウェア:365,000円
    送料:23,200円
    月額費用:※停止月は0円
    モバイル優先(個人)
    モバイル優先(ビジネス)50GB:33,408円
    モバイル優先(ビジネス)1TB:133,632円
    モバイル優先(ビジネス)5TB:668,160円
  6. アビエーションプラン(飛行機で使う場合)
    ハードウェア:不明
    送料:不明
    月額費用:不明
FAQカテゴリー

プランによって初期費用(アンテナキット代)と月額費用が異なります。
また自宅で使用する場合などで工事を依頼する場合は別途工事費用がかかります。特にStarlinkアンテナを高所に取り付ける作業と、壁に穴をあけてStarlinkケーブルを引き込む作業が素人では難しいでしょう。

アンテナのブースターって必要?

テレビアンテナにブースターは必要ですか?

ブースターは電波を強くするための機械です。
電波が弱い時、または弱くなってしまうときに使うのですが、適切な設置、調整を行わないとかえって悪影響を及ぼすこともあります。
ブースターを設置する必要があるかどうかは、おおざっぱに言うと屋根の上にアンテナを設置した場合はブースターが不要なこともあり、それ以外ではブースターが必要なことが多い、ぐらいの認識です。
当社の場合、以下のような目安で設置しています。
【戸建て住宅(個人宅)の場合】
地デジアンテナ直下の受信レベル

  1. 80dBμV以上 ブースター不要(設置非推奨)
  2. 70~80dBμV 要相談(※お客さまの希望優先)
  3. 60~70dBμV 要相談(多数分配は設置推奨)
  4. 60dBμV未満 ブースター設置(少数は要相談)

BSアンテナの場合

  1. 3分配以上 ブースター設置
  2. 2分配器 ブースター推奨(直接配線を除く)
  3. 分配無し 配線状況による

詳細と計算、資料等については続きをご確認ください。

FAQカテゴリー

まず大前提として、ブースターは電波を強くするものですが、品質を良くするものではないと考えたほうがいいでしょう。もともと直接テレビにつないでも受信できないレベルの電波では、基本的にはブースターを使ったところで映るようになる […]

アンテナ工事の時にテレビは必要?

アンテナ工事をするときにはテレビが必要ですか?引っ越し前でテレビがまだないのですが工事はできますか?

クラウンクラウンではデジタルチェッカーを用いた電波測定を行っているため(基本はどの会社も同じ)、テレビがなくても確実に電波の受信ができるか確認することができます。
工事終了時に各アンテナ端子にて電波に問題がないかを計測しています。この際にブースターの調整に問題がある場合はしっかり調整を行います。

FAQカテゴリー

もうずいぶん前の話になりますが、テレビ放送がアナログ時代は、電波測定器(レベルチェッカー)では電波の強さしか測ることができず、実際にテレビにつなげてみないと細かいノイズを確認することができませんでした。電波が非常に強く受 […]

4K放送を見るのに分配器やアンテナ線の交換は必要か

4K放送を見たいのですが、古い分配器やアンテナ線は交換しなくてはだめなのでしょうか

4K放送によってはまずBSアンテナやブースターの交換が必要になる場合があります。

また、BSアンテナが設置されていない場合は新たに設置する必要があります。

分配器や壁端子は取り替えなくても視聴ができる場合も多くあります。
ただし、古い機器は直付けタイプのものも多く、電波漏洩や電波混入の恐れがあり、一定以上の電波漏洩は電波法により設備の改善が義務付けられています。
現在とくに罰則はありませんが、交換に対して一部助成金が出る場合もあります。

アンテナ工事会社の方から、4Kを見るには分配器、壁端子、ケーブルを交換しないとだめだと言われた、と言う話を聞きますが、実際はそんなこともありませんので、実際に視聴不良があった場合に交換を検討してもいいでしょう。

FAQカテゴリー

分配器や壁のアンテナ端子は対応周波数が決められています。 DXアンテナの商品紹介ページ この対応周波数が低いと、4K放送の電波が著しく弱くなってしまう場合があります。 FD-74Lはやや古い分配器ですが、対応周波数で言う […]

4K放送を見るのに今のBSアンテナは交換が必要か

今後4Kチューナー内蔵のテレビに買い換えます。既にBSアンテナはありますが交換しないとダメですか?

以前のBSアンテナでも4K放送の一部の受信はできます。
BS左旋(左遷円偏波)、CS左旋のチャンネルを視聴される場合はBSアンテナやブースターの交換が必要です。
分配器や壁端子、分波器などは交換しなくても大丈夫なことが多いですが、電波漏洩の観点から直付けタイプは交換した方がいいかもしれません。
アンテナケーブルは今までBSをご覧になっている場合はそれほど深刻に考えなくてもいいかもしれません。

FAQカテゴリー

現在のBSアンテナは、BSと110度CSの二つの衛星の電波を受信しています。 更に、それらの衛星は従来の右旋円偏波に加えて左遷円偏波による4K8K放送を開始しています。 もともと4K放送を見るには新しい左遷円偏波を受信す […]

アンテナを設置するときは壁にビスを打つ必要があるのか

アンテナ設置の際には壁にビスを打たなくてはいけませんか

アンテナを固定するには何かしらを外壁等に打ち込んで固定します。
壁面に設置するデザインアンテナは台座を壁に直接ビスで固定することが多いです。
屋根の上の八木式アンテナの場合は、アンテナ本体をビスで固定することはありませんが、アンテナを支えるワイヤーを固定するための大きな釘などを外壁や破風(屋根の側面)、鼻隠し(雨どいの付いている部分)に打ち込みます。
雨どいを固定している金具などにワイヤーを固定する方法もありますが、その場合は固定金具本体の強度や固定強度を確認する必要があります。

FAQカテゴリー

壁面に設置するデザインアンテナは台座を壁に直接ビスで固定することが多いです。 時々アンテナを解説するウェブサイトなどでも見られますが、「八木式アンテナの場合はビスを打つ必要がありません」というのは間違いです。 屋根の上の […]

不要になったアンテナはどうすればいいの?

使っていないアンテナはそのまま放置していてもいいのでしょうか

使っていないものはできるだけ早いうちに撤去してしまうのがいいのですが、近い将来再利用する可能性がある場合や、現在使っている地デジアンテナに一緒についているアナログアンテナに関しては、そのままにしておいた方がいい場合もあります。

FAQカテゴリー

アナログの時に使っていたVHFアンテナ(東京タワーに向けていたアンテナなど)は大振りで、なおかつ既に10年以上経っているものが多いでしょうから、大きな鳥がとまったり台風などの影響で折れてしまうことが多いです。屋根の上を見 […]

問い合わせ方法

問い合わせはどのようにできますか?
お電話の場合は通話料無料のフリーコール0800-080-9696
もしくは24時間問い合わせ可能な【メールフォーム】(クリックで移動)をご利用ください。
トップへ戻る