お電話によるお問い合わせは0800-080-9696(無料通話)まで

検索
Close this search box.
壁掛けテレビで気を付けたいケーブルのつなぎ方

壁掛けテレビは、スペースを有効活用し、現代的でスタイリッシュなリビング空間を実現する素晴らしい方法です。しかし、テレビを壁に取り付ける際には、ただ単にテレビを固定するだけでなく、ケーブルの取り扱いにも特別な注意が必要です。見た目をスッキリさせるためには、ケーブル管理がキーとなりますが、これが予想以上に複雑になることがあります。

このコラムでは、壁掛けテレビの設置におけるケーブルの適切なつなぎ方と、それに伴う注意点に焦点を当てて解説していきます。特に、L字型のコネクタを利用するメリットや選び方、そしてケーブルの隠蔽方法について詳しく見ていきましょう。

目次

壁掛けテレビのケーブル管理の基本

壁掛けテレビを設置する際、視覚的にも機能的にも最適なケーブル管理を行うことは非常に重要です。主要なケーブルには以下のようなものがあります。

  1. アンテナ線: 地上波、BS、CS放送を受信するために必要です。
  2. HDMIケーブル: デジタルオーディオビジュアル信号を高画質で伝送するために使用します。Blu-rayプレーヤーやゲーム機など、様々なデバイスからの接続に必須です。
  3. 電源ケーブル: テレビ自体の電源供給に必要です。
  4. LANケーブル: スマートTV機能をフルに活用するためには、安定したインターネット接続が必須です。Wi-Fiだけではなく、有線接続を使用することで、より安定した速度と信頼性を確保できます。
  5. USBケーブル: 番組録画用の外部HDDやSSDを接続するために使用します。これらのデバイスを壁掛けテレビに接続する場合、スペースを有効に使うためにも、L字型のUSBケーブルやアダプターの利用が有効です。

これらのケーブルがテレビと壁の間で適切に配置されることが、設置後の利便性と安全性を左右します。特に壁掛けの場合は、ケーブルが壁に押し付けられて破損するリスクもあるため、ケーブルの長さや柔軟性、耐久性にも注意を払う必要があります。

ケーブルの選択

壁掛けテレビには、通常のストレート型のコネクタではなく、スペースを有効活用できるL字型コネクタの使用が推奨されます。L字型コネクタは、ケーブルが直接壁に圧迫されるのを防ぎ、接続部の破損リスクを減少させることができます。さらに、テレビ背面のスペースをスムーズに活用し、見た目もスッキリと保つことが可能です。

L字型コネクタの利点と選び方

壁掛けテレビの設置において、ケーブルの正しい選択は非常に重要です。中でも、L字型のHDMIコネクタは、壁掛けテレビの設置に特有の問題を解決するのに特に有効です。

L字型コネクタの利点

  1. スペースの節約: L字型コネクタはテレビ背面の空間を最小限に抑え、壁にぴったりとフィットさせることができます。これにより、テレビと壁との間に不要な隙間が生じることを防ぎます。
  2. ケーブルの保護: 直接壁に押し付けられることなく、ケーブルが曲がることで、物理的な損傷からケーブルを保護します。
  3. 改善された耐久性: L字型コネクタは、ケーブルの折れ曲がりによる内部断線のリスクを減らします。

選び方と注意点

  1. 方向の選択: L字型コネクタには、上向き、下向き、左向き、右向きのタイプがあります。テレビのHDMIポートの位置と、どの方向にケーブルを導きたいかによって、適切な方向のコネクタを選ぶ必要があります。
  2. 品質の確認: 特に4Kや高リフレッシュレートに対応した映像を扱う場合、信号の品質を損なわない高品質なケーブルを選ぶことが重要です。

小型デバイスへの対応

近年、Amazon Fire StickやGoogle Chromecastなど、HDMI端子を直接テレビに差し込む形式の小型ストリーミングデバイスの利用が増えています。これらのデバイスも、テレビのHDMIポートに直接接続するため、必要に応じてL字型のアダプターを使用することで、デバイスが壁に押し付けられるのを防ぎ、よりスッキリとした設置が可能になります。

ケーブルの取り回しと隠蔽方法

壁掛けテレビの設置では、ケーブルの取り回しと隠蔽は視覚的な美しさと整理のために非常に重要です。適切なケーブル管理は、安全性を確保し、メンテナンスの手間を減らすことにも繋がります。

ケーブル取り回しの基本

  1. 適切な長さのケーブル選び: 必要以上に長いケーブルは、取り回しを難しくし、見た目も悪くなります。ケーブルの長さは、設置するテレビと接続機器の距離を考慮して選びましょう。
  2. 適切なケーブルの使用: すべてのケーブルが壁掛け設置に適しているわけではありません。例えば、特定の状況下ではL字型アダプターやケーブルが有効ですが、必ずしも必要というわけではなく、ケーブル端子が後方に向いている場合や壁掛け金具との干渉がある時のみ必要です。

ケーブル隠蔽の方法

  1. ケーブルカバーまたはモール: 壁に沿ってケーブルを配置し、ケーブルカバーやモールで覆う方法です。これにより、ケーブルが目立たなくなり、より整理された外観を実現できます。
  2. 壁内配線: もっともスッキリとしたケーブルの隠蔽方法ですが、設置が複雑であり、壁の構造によっては実現が困難な場合もあります。専門的な技術が必要とされるため、プロの施工が推奨されます。

HDMI端子の選択

テレビには通常、複数のHDMI端子が内蔵されていますが、すべての端子が同じ機能を持っているわけではありません。特に、**ARC(Audio Return Channel)**対応の端子は、テレビとサウンドバー間でオーディオ信号を送受信する機能を持っており、使い方によっては非常に便利です。適切な端子の選択は、デバイスごとの最適な接続と性能を実現する鍵となります。

まとめ

壁掛けテレビの設置では、ケーブルの正確な取り回しと適切な管理が非常に重要です。見た目を整え、機能的にも最適な環境を整えるために、以下のポイントを心掛けましょう。

  1. ケーブルの種類と目的を理解する:各ケーブル(アンテナ線、HDMIケーブル、電源ケーブル、LANケーブル)が持つ目的と特性を理解し、最適な使用方法を選びます。
  2. ケーブルの取り回しと隠蔽を計画的に行う:ケーブルカバーや壁内配線など、ケーブルをスマートに隠蔽する方法を利用して、スペースを清潔かつ整理された状態に保ちます。
  3. 適切なコネクタの選択:L字型コネクタのような特定のケーブルやアダプターは、必要に応じて選択し、設置の際の物理的な干渉を最小限に抑えます。

ARC(Audio Return Channel)について

ARCは「オーディオリターンチャンネル」と呼ばれ、テレビとオーディオシステム(通常はサウンドバー)間で、HDMIケーブル一本でオーディオ信号を双方向に送受信する技術です。この機能を利用することで、別途オーディオケーブルを必要とせず、設置をよりスッキリさせることができます。ARCを活用する際は、テレビのHDMI端子がARCに対応しているかを確認し、対応している端子にサウンドバーを接続することが重要です。

壁掛けテレビを設置する際は、これらのポイントを踏まえ、安全かつ機能的な視聴環境を実現するための計画的なアプローチを心がけてください。最終的なゴールは、テクノロジーを最大限活用しながら、生活空間をより快適で魅力的なものにすることです。

投稿者プロフィール

松本 昭彦代表取締役
経歴と専門分野:
幼少期から家電設備の工事に親しみ、クラウンクラウンの設立の前に15年以上にわたりさまざまな設備工事の現場で経験を積みました。クレーム処理責任者としての役割を経て、2011年に独立。品質重視と明朗会計をモットーに掲げ、業界改革を目指してアンテナ工事専門の「クラウンクラウン」を設立しました。

学歴:
東京電機大学理工学部情報科学科(中退)
事業構想大学院大学 事業構想士修士課程

主な資格:
国家資格:
1級電気工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
2級電気通信工事施工管理技士補
第一種電気工事士
工事担任者(2級デジタル)
給水装置工事主任技術者
運行管理者

その他資格:
第2級CATV技術者
1級あと施工アンカー施工士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
一級リビングスタイリスト
二級福祉住環境コーディネーター
排水設備工事責任技術者
照明士