アンテナ工事の材料の指定

アンテナ工事で材料を指定することはできますか

一般的な材料はご指定いただくことが可能です。アンテナ本体やブースターは日本アンテナ、DXアンテナ、マスプロ電工、サン電子からお選びいただけます。
実物を見てから決めたい場合などはいくつかお持ちすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。

アンテナ本体の指定

常時20種類以上のアンテナを準備しております。
アンテナの種類によっては追加料金がかかる場合があります。

アンテナの種類
クラウンクラウンでは色だけではなくメーカーや機種のご指定も受け付けています。

上記写真以外にも多くのアンテナのご用意があります。

その他に指定できるもの

ブースター

ブースターは日本アンテナ、DXアンテナ、マスプロ電工、サン電子からお選びいただけます。
標準では地デジブースターの場合日本アンテナのN42DU2もしくはDXアンテナのBU433D1、地デジ/4K8KBSブースターの場合日本アンテナのNSB42DSUEが標準となっています。
それ以外の機種は追加料金がかかりますがご指定可能です。

アンテナケーブル

弊社では一般的に使われているS5CFBというアンテナケーブルよりも更に性能の高い3重シールドタイプを使用しています。JIS規格には定められていませんが通称S5CFBTなどと呼ばれるものです。
また被覆についても耐候性の高いものを選んでおりますので、数年で表面がボロボロになるようなものではありません。
色は薄灰色(白に近い色)もしくは黒をお選びいただけます。

その他

他にお手持ちの材料を使用したいなどのご要望がありましたらお気軽にご相談ください。

アンテナ工事の材料の指定
トップへ戻る
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述