2019年度【中間周波数漏洩対策事業】助成金申請受付開始について

中間周波数漏洩対策助成金フローチャート

2019年度の【中間周波数漏洩対策事業】助成金申請受付が2019年8月1日からスタートします。

昨年度の助成金申請に多数の不正が見つかったため、その調査等で一時打ち切りとなっておりましたがようやく再開となります。
クラウンクラウンも助成金申請登録業者ですので、助成金を使った工事が可能です。
助成金の適用は2017年5月11日時点でBSアンテナが設置されていた方でこの度左旋対応のBSアンテナに入れ替える際に、既存設備が電波漏洩リスクのある機器を使用している場合となります。
また助成額は工事金額の一部となります。
助成金交付の流れ
対策工事後の流れ

画像はA-PAB|総務省 衛星放送用受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業 案内ページのスクリーンキャプチャより。

投稿者プロフィール

7e024161070bf29409aa679bcf4ed010?s=100&d=mm&r=g | 2019年度【中間周波数漏洩対策事業】助成金申請受付開始について | テレビアンテナ工事専門会社のクラウンクラウン
松本 昭彦代表取締役
幼少期より父の仕事の手伝いとして家電配送や家電工事の手伝いしていたことから、設備工事業界に興味を持つ。
学生時代は週末や長期休暇中によくアルバイトとして現場の手伝いを行い経験を積む。
20代前半からリーダーとして現場をこなしつつ、社内システムの構築など会社のIT化を行う。
20代後半から30代前半まで、父の会社のクレーム処理責任者として数多くのクレーム処理や工事の手直しを行う。自社下請け業者のみならず、競合会社のクレーム処理も多く手掛けることにより、設備工事業界改善のヒントを得る。数多くの種類の工事を監督することなどから同時に多くの資格を取得する。
2011年 36歳で株式会社クラウンクラウンを立ち上げ、丁寧な工事で顧客満足度の高いサービスに挑戦する。
39歳の時に社会人大学院にて新規事業について学ぶ。
2021年末、クラウンクラウンが10周年を迎えるとともに設備工事業界とそれに関連する技術者、顧客をより幸せにするためのプロジェクト「おうちのこうじ.com」開始予定。

東京電機大学理工学部情報科学科(中退)
事業構想大学院大学 事業構想士修士課程

主な資格
【国家資格】
1級電気工事施工管理技士
2級管工事施工管理技士
2級電気通信工事施工管理技士補
第一種電気工事士
工事担任者(2級デジタル)
給水装置工事主任技術者
運行管理者

【その他】
第2級CATV技術者
1級あと施工アンカー施工士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
一級リビングスタイリスト
二級福祉住環境コーディネーター
照明士
2019年度【中間周波数漏洩対策事業】助成金申請受付開始について
トップへ戻る
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述