川崎市で地デジアンテナを屋根裏に設置(BSアンテナは屋外)

ナビゲーション  ホーム » デザインアンテナ

クラウンクラウンの松本です。
今回はナイスの物件でしたが、屋根裏内に分配器があったため地デジアンテナを屋根裏に、BSアンテナを屋根の横に設置しています。そのため、混合ブースターも屋内に設置することができています。
また、今回はBSアンテナの設置位置を決めるときに確認した条件等を紹介します。

概要

数棟並んだ戸建ての、奥まった場所(旗竿地)の物件でしたが、BS、地デジともにほぼ真横方面からの電波受信となっていました。そのため、ベランダ内への設置は難しい状況でした。受信性能と仕上がりの見栄え、設置後の耐久性などをトータルに考えて設置する必要がありますし、工事内容が変われば工事料金も変わりますので、お客様とのしっかりとしたカウンセリングが大切です。
(さらに…)

正しいアンテナの設置方法(海老名市の他社アンテナ工事の手直し)

ナビゲーション  ホーム » デザインアンテナ

クラウンクラウンの松本です。
今回も別会社で行った工事の手直し事例です。
工事の際に電波が弱いと聞かされて、了承の上工事を行ったそうですが、たびたび映像が乱れて、視聴時間の半分以上はまともに見れずにいたようです。工事会社に問い合わせたところ、了承の上工事を行っているのでどうにもできません、と突っぱねられてしまったということで弊社に相談が入りました。

電波が悪いので受信保証しませんと念を押しているようですが…

概要

実際に見てみると、アンテナを無理やり横向きに設置しているなど、電波の受信以前に改修の必要のある現場でした。
※平塚中継局からの電波は垂直偏波方式(スカイツリーの電波と90度電波の角度(偏波)が異なるため、八木式の場合はアンテナを90度傾けて使用します)であり、標準的な水平偏波方式のアンテナを90度横に倒すという考えは間違っていませんが、このアンテナは水平偏波専用のアンテナであるため、今回の取り付け方は行わないように説明があります。
※横向き設置対応アンテナや、屋内設置であれば大丈夫ですが、今回は防水や受信角度の調整の観点から、不適切な工事となっております。
(さらに…)

松戸市にて広島建設の地デジデザインアンテナ設置

ナビゲーション  ホーム » デザインアンテナ

クラウンクラウンの松本です。
今回の施工事例では地デジのみの取り付け工事でしたが、低い位置では電波が弱かったため、サイドベースでアンテナを立ち上げています。

概要

このようにマストを外壁から立ち上げる場合、フラットタイプでは重く、風の抵抗が強いため、小型地デジデザインアンテナ、ユニコーン(円柱状のデザインアンテナ)、八木式アンテナのいづれかになります。今回は電波状況もよかったことから、小型デザインアンテナを設置しています。
日陰になると黒のように見える紺色の外壁だったこともあり、アンテナケーブル、アンテナ本体ともに黒色を使用しています。
(さらに…)

他社のアンテナ工事の手直し及び特徴の違い

ナビゲーション  ホーム » デザインアンテナ

クラウンクラウンの松本です。
今回は別の会社でアンテナ工事を行ったところ、最初から映りが悪かったため同社での手直しではなく、弊社でのセカンドオピニオンをお求めになったという事例です。
最初電話での入念なカウンセリングののち、救済サービスを利用して無料訪問、調査の結果手直しで改善が見込めたため、そのまま弊社による改修工事となりました。

概要

もともと設置されていたアンテナがスカイツリーに向いておらず、各チャンネルのバランスも非常に悪いものでした。またフラットタイプのアンテナを別の金具で延長設置していたため、別の方法で改善できないか確認しました。また、こげ茶の屋根の上に白系のケーブルを這わせていたため、こちらは黒色に取り換えています。
※フラットアンテナのサイドベースによる上方延長設置は、しっかりとした強度で行うことは公式にも認められてはいますが、アンテナが重く風の抵抗も大きいため、原則として弊社では非推奨工事としています。
(さらに…)

さいたま市南区にてBS追加工事を見越した小型地デジデザインアンテナ工事

ナビゲーション  ホーム » デザインアンテナ

クラウンクラウンの松本です。
今回の施工事例では新築に地デジアンテナのみの取り付けだったのですが、将来的にBSアンテナを追加する可能性が高いことから、ブースターはBS対応(※4K8Kフルスペック対応)のNSB42DSUEを取り付けています。地デジの電波が良好だったことから、小型のデザインアンテナを設置しています。
さいたま市南区にて藤島建設の施工事例となります。

概要

ベランダ横からアンテナ配線が出ていましたが、ベランダでは電波が弱かったため、壁面の反対端への取り付けとなっています。配線は雨どいの上を通すことで目立たず、また壁に傷を付けずに配線できています。
(さらに…)