Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/cccoltd/9696.co.jp/public_html/54/cmsportal/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

三栄建築設計のアンテナ工事

ナビゲーション  HOME » ハウスメーカー » 三栄建築設計のアンテナ工事

三栄建築設計公式サイトキャプチャー(https://san-a.com/

三栄建築設計のアンテナ工事について

三栄建築設計の物件にアンテナ工事を行う際、その特徴や注意点、施工事例をまとめたページとなります。
アンテナ配線分配器の位置や屋根裏設置の可否、具体的な施工写真などをみて、工事を行う前にイメージを固める一助になれば幸いです。

三栄建築設計の特徴

三栄建築設計は東京都杉並区西荻北において、住宅建築を主たる業務として有限会社三栄コーポレーションとして設立されました。

分配器の設置場所

一般的には浴室天井点検口の中に設置されています。
同時にブースター用電源も用意されていることがほとんどです。

地デジアンテナの屋根裏設置について

一般的に引き込み線は屋根裏を経由せずに浴室天井点検口につながっていることが多いです。
そのため、屋根裏にアンテナを設置する場合は、別途配線を組み替えるなどの工事が必要になります。
3階建ての建物の場合、2階に浴室が設置されていることもあり、その場合は2階の浴室天井点検口の中にアンテナを設置しても電波が受信できる場合があります。

壁の色によるアンテナの選び方

白系の壁の場合はそのまま白系のアンテナがいいでしょう。
ベージュ系の壁の場合、DXアンテナのライトブラウンよりはマスプロ電工のベージュがしっくりくると思います。
日本アンテナのベージュでもいいでしょう。
黒系の壁の場合はどのメーカーのアンテナでも黒を選ぶといいでしょう。