TOKYO MXを受信するには

執筆者 | 5月 11, 2018

ナビゲーション  ホーム » コラム » TOKYO MXを受信するには

TOKYO MX受信に関する弊社の方針

原則として、弊社では東京スカイツリーからのTOKYO MX(以下MX)の受信をサポートしていません。ですが、工事の際にちょっとした調整や設置場所の選定で受信環境が良くなる場合は、できる限りそのようにしています。
なお、TOKYO MXの受信を最良化するためだけに、アンテナの種類を変えたり、工事内容が大幅に変わるなど、もともとお客様のご希望された工事からかけ離れたり、工事料金が上がってしまう可能性もあります。そのようなことは推奨しておりませんが、現地カウンセリングの際にどのような方法、料金で、どの程度の電波の差があるのかなど、またお客様がどの程度MXの視聴をご希望されているかなど、バランスを考えてご提案させていただいております。

このコラムについて

今回は、既存のアンテナでMXが受信できていない方向けに、MXを受信するにはどのようにすればいいのかを解説します。

放送塔による違い

MXは東京スカイツリー(以下スカイツリー)以外にいくつかの中継局からも電波が送信されています。ですがそれら中継局とスカイツリーでは状況が違います。中継局では広域民放キー局(以下民放)などと同等の強さで電波が出力されていますが、スカイツリーからは民放、NHKが10KWなのに対して、MXは3KWしか出力されていません。そのため、スカイツリーから電波を受信する場合、民放とMXの受信レベルの差が大きくなり、バランスよく受信できない場合があります。
原則としてスカイツリーから電波を受信していることを前提として回答しています。
以下の状況により可能性をあげる対策がいくつかあります。

実際に受信状況を改善するには

テレビのチャンネル設定がずれている場合

CATVからの入れ替えや、新しくテレビを設置した場合、また別の場所で使っていたテレビを移動してきた場合など、チャンネル設定が必要です。各テレビメーカーで若干の違いはありますが、「初期設定」や「設置設定」などから「チャンネル設定」「チャンネルスキャン」を行うことでMXが映るようになる場合もあります。まずはこちらの作業を行ってからその他の項目を確認しましょう。

テレビのアンテナケーブルの改善

細すぎるケーブル、長すぎるケーブル、古いケーブル、先端が直付けコネクタの場合など、ケーブルを適切なものに取り換えることで改善することがあります。直付けコネクタの場合、今後4K8Kの放送受信では電波漏洩の可能性から不適格ケーブルとなっています。特に300Ωタイプの平線(フィーダー線)でも使用できる整合器タイプのコネクタは、同軸ケーブルで使用する際に内部のケーブルをカットしたり、リングを外すなどの作業が必要ですが、知識のない方が設置した場合これらがそのまま放置されている場合があります。その場合、ここで著しく電波レベルや品質が劣化していますので、ケーブルを交換することで受信できるようになる場合もあります。

アンテナが東京スカイツリーにまっすぐ向いていない場合

アンテナ方向を調整することで受信できるようになる場合があります。特に地デジ化してすぐの時には、地デジの電波が東京タワーから送信されていたため、東京タワーに向けてアンテナを立ててそのままになっている場合もあります。アンテナの方向を最適化することにより電波受信が安定する場合があります。併せてブースターの調整も必要な場合があります。

現在ブースターが設置されていない場合

ブースターがなくてもおおむね問題ないということで、ブースターを設置していない場合もあると思います。その場合はブースターを追加することで受信できるようになる場合があります。なお、MXだけ電波の質が低い場合も多いため、ブースターは雑音指数の低いもの(主に家庭用ブースターがお勧め)を使用しましょう。CATV用ブースターなど多機能ブースターは雑音指数が高い(性能が劣る)ものが多いです。また、前置ブースター(プリアンプ)と呼ばれるものは特に雑音指数が低いのですが、強度を上げる能力は低めです。また別途電源を用意しなくてはいけない場合もあります。

すでにブースターが設置されている場合

電波が弱い場合にブースターを増設することで受信改善につながることもありますが、MXだけが映らない場合に、ブースターの増設は多くの場合改善につながりません。それよりも既存のブースターが適切に調整されているかの確認と、前項で触れた多機能ブースター(共聴用ブースター)が設置されている場合に家庭用ブースターに入れ替えることで若干の改善が見込めます。
あくまで若干の改善なので、根本的な解決には至らない可能性があります。ほかの改善策と併せて行うことで効果を発揮します。

レコーダーなど余分な機器を外す

DVDレコーダーやブルーレイレコーダーなどを設置している場合、一般的にアンテナケーブルは、壁のテレビ端子からレコーダーの入力、レコーダーの出力からテレビの入力端子につながっていると思います。一部のレコーダーにはこの配線で著しく電波を落としてしまうものがあることが確認されています。購入すぐに気づけば、初期不良として交換できる場合もありますが、知らずにそのまま使っている方も多くいらっしゃるようです。
壁面テレビ端子から直接テレビにアンテナケーブルをつなげて、チャンネルスキャンを行ってみてください。もしこれで問題なく映るようでしたら、レコーダー経由での配線ではなく、2分配機を用いてレコーダーとテレビを並列接続することで解決することがあります。

アンテナの交換

スカイツリーからの電波では、物理チャンネルでMXが16ch、民放が21~25ch、NHKが26、27chとなっています。つなり、低いチャンネル(低い周波数)でMXが送信されているため、低いチャンネルを受信しやすいアンテナに変更することで、よりMXを受信しやすくなる場合があります。弊社で標準的に用いているDXアンテナのUL14というアンテナは、14素子タイプのアンテナですが、UA20という20素子タイプのアンテナに比べ高性能です。
理由はローチャンネル(低いチャンネル)に集中して電波受信できるように調整されたアンテナなので、スカイツリーなど低いチャンネルの電波を受信するのに適しているのです。UA20に比べて小ぶり軽量ですが、機器代としては若干あがります。そのため、経費節減を重視している会社の場合、UA20などの標準的な20素子アンテナを設置している会社が多いです。MX受信の可能性を高めるにはローチャンネルタイプをお勧めします。
また、電波干渉が多い地域の場合、受信の指向性をあげる(余分な方向からの電波を受けにくくする)パラスタックと呼ばれる上下2段のアンテナを設置することで、電波の質を上げることができる場合があります。



なお、アンテナの長さおよび重さは、UA20が1374mmで980g、UL14が1014mmで900g、ULX14が1157mmで1750gとなっています。

アンテナの高さ調整

MXの受信にはアンテナ本体の設置高さが影響しやすいです。例えば地上高7mでMXが30dBμV、民放が60dBμVだった場合、地上高10mに変更するとMXが60dBμV、民放が70dBμV、と大きく改善する場合があります。弊社の実測値で判断すると、高い位置に設置するほどMXと民放の電波レベルの差が縮まることが多いように思います。
なお、電波の受信レベルがアンテナの設置高さと密接な関係にあるのは確かですが、単純に設置高さと受信レベルは比例の関係ではありません。スカイツリーから直接届く電波(直接波)以外に地面に反射してから届く反射波、それ以外にも様々な電波経路(マルチパス)による影響を受けるため、少し高くした結果、余計に電波の質が悪くなる場合もあります。また著しく電波が弱くなる(受信電界強度が減衰する)ポイントもあります。
そのため、場合によってはアンテナを低くした方が受信状況が改善する可能性もあるのですが、数値を確認しながら調整する必要があります。
ただし手の届く範囲での調整はそれほど難しくないのですが、高い位置での微調整となるとアンテナを何度も立て替える必要などもあり、工事価格が高額になってしまう場合もあります。

まとめ

改善させるには

以上の方法の中にはご自身で行えるものから、専門的な機械、技術がないと難しいものもあります。ご予算などに応じてご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。なお、他社施工の工事保証期間内であれば、一定の条件に応じて救済サービスをご利用いただけます。
詳しくは「他社アンテナ工事の手直しについて」もご参照ください。

その他参考リンク

  1. 大まかな放送エリアの目安が確認できます。
    一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)|放送エリアの目安
    なお、スカイツリーの放送エリアは、初期設定では「NHK・広域民放」となっていますので、ドロップダウンリストより「MXTV」に変更してください。
  2. TOKYO MX|受信に関するQ&A
0Shares