ナビゲーション  ホーム » 施工事例一覧 » 広島建設 » 松戸市にて広島建設の地デジデザインアンテナ設置

クラウンクラウンの松本です。
今回の施工事例では地デジのみの取り付け工事でしたが、低い位置では電波が弱かったため、サイドベースでアンテナを立ち上げています。

概要

このようにマストを外壁から立ち上げる場合、フラットタイプでは重く、風の抵抗が強いため、小型地デジデザインアンテナ、ユニコーン(円柱状のデザインアンテナ)、八木式アンテナのいづれかになります。今回は電波状況もよかったことから、小型デザインアンテナを設置しています。
日陰になると黒のように見える紺色の外壁だったこともあり、アンテナケーブル、アンテナ本体ともに黒色を使用しています。

屋外の引き込み線はジョイント部分から先の白い部分を黒テープで巻きあげ仕上げとしています。

小型アンテナの電波受信について

よく言われるのが、小型のアンテナではそもそもの電波受信が弱いのではないか?ということです。
開けた場所で比べるとアンテナの性能差が大きく出ることもありますが、取り付け場所が変わったりすると受信状況が逆転することもあります。
今回も壁面にフラットタイプのデザインアンテナ(八木式アンテナ20素子相当)で測定した場合には電波が弱く受信が不安定になりそうでしたが、今回のように壁面より高く上げることで十分な受信を実現しました。なお、実際にはこの高さの半分でも一般チャンネルは十分だったのですが、TOKYO MXも受信したいということで調査した結果、この高さまで上げることでなんとか受信することができました。
また、取り付け場所と仕様アンテナによる電波の強さの違いについては以下の施工事例が参考になると思います。

参考リンク杉並区にて小型地デジアンテナ設置>/a>

測定結果

電波測定結果所見

高さをあげることでTOKYO MXも十分に受信できました。
千葉テレビやテレ玉などは受信ができませんでした。千葉テレビは方向を調整すれば受信できたのですが、そうするとTOKYO MXがほとんど受信できなくなってしまったため、今回の向きに調整しました。

今回の工事料金

今回の工事料金は以下のようになっています。


松戸市なので出張料金はいただいておりません。

工事のポイント

アンテナ設置場所周辺が濃い壁色だったこともあり、黒色のアンテナでの設置になりましたが、アンテナ配線も黒で統一しています。引き込み線は白系のものを使っていましたが、見える部分は黒色で統一しています。

ブースターは電波が特別弱い場合や、混合器として使用する場合以外は以下の写真のように屋内に設置しています。
広島建設なので、浴室天井点検口の中に分配器とブースター用電源が設置されていました。

設置アンテナ

設置アンテナはサン電子のSDA-5-1、ブースターは日本アンテナのN42DUとなっています。
各説明書は工事明細、保証書、保証規定とともにお渡ししております。

施工時間

電波調査~カウンセリング:50分
施工時間:50分
となっています。

0Shares