Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/cccoltd/9696.co.jp/public_html/54/cmsportal/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
ナビゲーション  HOME » 施工事例一覧 » ポラス(POLUS)のアンテナ工事 » 三郷市にて黒色フルセットアンテナ工事

クラウンクラウンの松本です。
三郷市のポラスの住宅に黒色のBSアンテナと黒色の小型地デジアンテナを設置してきました。
なお、この黒色BSアンテナは既に生産が終了してしまい、弊社在庫もすべて予約済みとなってしまっています。
今後また黒色BSアンテナが出してもらえるよう各メーカーに打診していますが、現時点では残念ながら未定となっています。

概要

当初地デジアンテナは屋根裏に設置もご検討いただいておりましたが、小型アンテナでひとまとめに取り付けられる環境でしたので、工事料金の差額などを説明し、最終的に屋外設置となっています。※屋根裏設置の方が若干高くなったため。

アンテナの引き込み線は、正面からみて左側面の最頂部にありました。一般的にはできの引き込み線近くにまとまっていることが多いのですが、このようにアンテナの設置場所近くに出してもらっている場合もあります。また、最近のポラスは地デジ用とBS用とそれぞれの配線が出してもらっている場合もありますが、今回は地デジ、BSともに南西方向に向ける地域だったためか、この場所一カ所のみの配線となっていました。

アンテナ受信方向は正面左手前方面でしたので、アンテナ本体は正面ではなく側面に設置したいところでしたが、側面に設置するとBSアンテナの先端が敷地境界線を越えてしまうため、金具を正面に設置することでアンテナ全体を少し右に寄せています。

アンテナはBSアンテナ、地デジアンテナ両方を一つの金具に設置しています。地デジアンテナが小型軽量なので一つの金具でコンパクトにまとめることができるというメリットがあります。
なお、設置場所、アンテナともに黒色ですが、取付金具は溶融亜鉛メッキでシルバーなので、防水のシリコーンコーキングはライトグレーを使用しています。ここで黒色を使用するとかえって目立ってしまいますね。
なお、防水のやり方は以前紹介した「他社のアンテナ工事手直し」のように、最後に上からのせる方法ではなく、下穴をあけたのち、ビス自体に塗り付けて打ち込むという方法をとっており、より確実に防水効果が期待できます。

分配器について

最近のポラスは既に4K8K対応(3.2GHz対応)のものが設置されています。
必ず対応していなくてはいけないとは限りませんが、対応していることで将来安心して4K8K放送を受信することができます。

電波測定結果所見

今回の測定結果で言いますと、地デジのみの工事だった場合にはブースターは不要だったかもしれません。
弊社ではBSアンテナの同時設置の場合は原則としてブースターは必須となります。
混合器のみでの工事も可能ですが、その場合はテレビ本体からBS用の電源を確保する必要があり、場合によっては分配器の配線組み換えが必要になることから、工事料金削減のメリットがあまりありません。また、その場合、レコーダーを設置したりテレビを入れ替えたりなどのたびに設定が必要になるため、お客様にとっては面倒になってしまうというデメリットの面が大きいと思います。

今回の工事料金

今回の工事料金は以下のようになっています。

地デジアンテナ工事 22000
BSアンテナ工事 22000
地デジ/4Kブースター 23000
梯子作業(4~6m) 2000
不安定足場作業(~6m)x2 4000
工事料金合計(税別) 73000

三郷市なので出張料金はいただいておりません。

工事のポイント

当初地デジアンテナの屋根裏設置もご検討されていましたが、金属屋根ということで、設置できるか心配していました。
今回は屋根裏でも設置は可能だと思いますが、写真を見てもわかるようにここから地デジアンテナがなくなってもそれほど見た目が変わりません。一応黒色の金具に取り換えることと、ブースター本体を屋内に設置できるようになるというメリットはあったのですが、工事料金が6000円アップとなります。そこまでのメリットがあるかどうかということでお客様と相談した結果、今回はすべて屋外への取り付けとさせていただきました。
取り付け場所は前述したとおり、アンテナ本体が敷地境界をまたいでしまわないように、正面に取り付けています。こうすることで250mm程度内側に寄せることができています。
なお、ケーブルは引き込みからブースター本体までは既存のケーブルで、その他は弊社標準の三重シールドタイプのS5CFBTとなっています。
設置アンテナはサン電子のSDA-5-1、日本アンテナの45SRLSTB、ブースターはDXアンテナのGCU433D1Sとなっています。
各説明書は工事明細、保証書、保証規定とともにお渡ししております。

施工時間

電波調査~カウンセリング:30分
施工時間:95分
となっています。