テレビアンテナ図鑑

テレビアンテナの種類について

テレビアンテナには大きく分けて地デジ用アンテナと衛星放送用アンテナがあります。
また地デジアンテナには電波の方式の違いにより「水平偏波用」「垂直偏波用」「水平・垂直偏波共用」があります。
衛星放送用アンテナには衛星の種類により「BSデジタル/110°CSデジタル兼用」「124°/128°CSデジタル兼用(スカパープレミアム)」「BS/110°/124°/128°CS兼用(マルチ衛星アンテナ)」があります。
これらのうち、弊社では「124°/128°CSデジタル兼用(スカパープレミアム)」「BS/110°/124°/128°CS兼用(マルチ衛星アンテナ)」の取り扱いはございませんのでご注意ください。

地デジアンテナの種類

地デジアンテナには昔からある八木式アンテナ(フィッシュボーンタイプともいう)に加え、近年人気の高いデザインアンテナがあります。
またデザインアンテナというと一般的にはフラットタイプのものを指すことが多いのですが、フラットアンテナ以外にもポール型や円盤型、小型といろいろなアンテナがあります。

衛星放送用アンテナの種類

衛星放送用アンテナは一般的にはパラボラタイプとなりますが、他にもフラットタイプなどもあります。
パラボラタイプもセンターフィード型とオフセット型がありますが、個人宅用ではオフセット型が主流です。
弊社では個人宅用のオフセット型アンテナを在庫しております。

アンテナメーカー

国内の主な家庭向けテレビアンテナメーカー

  1. DXアンテナ(ディーエックスアンテナ)
  2. マスプロ電工
  3. 日本アンテナ(ニッポンアンテナ)
  4. サン電子
  5. HYSエンジニアリングサービス(エッチワイエスエンジニアリングサービス)※以前の八木アンテナ株式会社
  6. パナソニック
  7. 東芝コンシューママーケティング※アンテナ部門は日本アンテナに事業譲受(2019年4月1日)

弊社では上記のうちDXアンテナ、マスプロ電工、日本アンテナ、サン電子の製品をメインに取り扱っています。
実はアンテナメーカーは国内に100社以上あり、OEM生産しているメーカーがあったり、車載用や船舶用などといった特殊なアンテナを製造しているメーカーもあります。

実際のアンテナ写真と工事料金

弊社で取り扱いのあるアンテナとその工事料金一覧となります。

地デジアンテナ(水平偏波専用・兼用)

標準料金のアンテナ

DXアンテナ【UAH201】
デジキャッチフラット

UAH201

DXアンテナ【UAH201】


マスプロ電工【U2SWLA20】
2018年夏に出た新型スカイウォーリーで現在フラットタイプのアンテナの中では最新機種となります(2019年4月現在)
U2SWLA20

マスプロ電工【U2SWLA20】


色は左からウォームホワイト、ベージュ、ブラックブロンズ、ブラックの4色となります。


日本アンテナ【UDF90】
F-PLUSTYLE
UDF90

日本アンテナ【UDF90】


色は左からホワイト、ベージュ、ブラックの3色となります。


サン電子【SDA-20-1】
FLAT:LINE
SDA-20-1

サン電子【SDA-20-1】


色はアイボリーホワイト、グリーンベージュ、セミグロスブラックの3色となります。他のメーカーにはないやや緑がかったアンテナがあります。


サン電子【SDA-5-1】
sda-5-1

サン電子【SDA-5-1】


色はアイボリーホワイト、セミグロスブラック、ブライトブラウン、アップルグリーンの4色となります。
小型のデザインアンテナなので、マストの先端等に取り付けてもマストへの負担が小さく高い位置に設置できるアンテナです。
小型のわりに性能が良く、弊社では衛星放送用アンテナとの組み合わせで人気の高いアンテナです。


マスプロ電工【U2SWLC3】
スカイウォーリーミニ
U2SWLC3

マスプロ電工【U2SWLC3】


スカイをーりーのフォルムをそのままに小型化したようなアンテナです。
現在はお取り寄せ品となっておりますので、取付ご希望の方は余裕をもってお申し込みください。


DXアンテナ【UA20】
標準的な20素子タイプ八木式アンテナです。
UA20

DXアンテナ【UA20】


DXアンテナ【UL14】
UL14

DXアンテナ【UL14】


14素子の八木式アンテナですが、スカイツリーなど送信チャンネルの低い電波塔からの電波ではUA20よりも高性能なアンテナです。
スカイツリーエリアで八木式アンテナを設置する場合、弊社ではこちらのアンテナをお勧めしています。


追加料金のアンテナ

マスプロ電工【U2CN】
2018年に発売になったユニコーンです。マストで少し高い位置にアンテナを設置したい場合に、今までは八木式アンテナか小型デザインアンテナを選んでいただいておりましたが、そこに新たに選択肢として加わりました。

U2CN

マスプロ電工【U2CN】


スタイリッシュに取り付けでき、今までのアンテナのイメージを刷新するデザインです。
標準工事+3000円で取り付けとなります。


DXアンテナ【UAH261】
UAH201が八木式アンテナ20素子相当の能力であるのに対し、こちらは26素子相当(※素子数が大きくなるほど高性能)のアンテナとなります。
一般的な電波環境ではUAH201との差が出にくいため、UAH201では受信がギリギリで少しでも電波を良くしたい場合などに使用しますが、そもそもギリギリの電波状況の場合はフラットアンテナでの設置にこだわらず別の方法を試した方がいいかもしれません。
壁面取り付け金具はUAH201と共通なので、金具をそのままでアンテナ本体を入れ替えることも可能ですが、本体寸法が一回り大きくなるため取り付けできない場合もあります。
工事費は標準料金+8000円となります。また通常車には積んでおらず、電波測定後のお取り寄せとなります。


マスプロ電工【U2SWLA26】
こちらもU2SWLA20の26素子相当タイプになります。
あるハウスメーカーのオプションで工事を頼むと、標準で採用されているようです。
壁面取り付け金具はU2SWLA20と共通なので、金具をそのままでアンテナ本体を入れ替えることも可能ですが、本体寸法が一回り大きくなるため取り付けできない場合もあります。
標準工事料金+8000円となります。


地デジアンテナ(垂直偏波専用・兼用)

標準料金のアンテナ

サン電子【SDA-5-1】
こちらのアンテナは水平・垂直兼用となります。
垂直偏波を受信する際はアンテナを90度傾けて設置します。


DXアンテナ【UA20】
八木式アンテナは基本的に水平・垂直偏波のどちらでも使用できます。
垂直偏波の場合は素子(短い棒)が垂直になるように90度傾けて設置します。


DXアンテナ【UL14】


追加料金のアンテナ

DXアンテナ【UAH201V】
垂直(vertical)偏波の頭文字が入っています。

UAH201V

DXアンテナ【UAH201V】


見た目はUAH201とそっくりですが、並べると一回り大きくなっています。
垂直偏波専用アンテナなので、90度横に倒すことなく、縦長のフォルムのまま設置するアンテナです。
標準工事+2000円で取り付けとなります。
色はオフホワイトとブラックがあります。


マスプロ電工【U2SWLA20V】
こちらも型番にVの文字が入った垂直偏波専用アンテナです。
U2SWLA20V

マスプロ電工【U2SWLA20V】


こちらは標準工事+5000円で取り寄せ品となります。


BS/110度CSアンテナ

4K8K対応BSアンテナ

4K8K対応アンテナと言えば、BS/CS左旋偏波対応(3.2GHz対応)アンテナのことですね。BS4Kなどとも言ったりしますが、従来の2KのBSアンテナでも一部の4K放送が受信できるなどややこしいですね。
また一部のメーカーでは黒色のBSアンテナも発売しています。弊社オリジナルモデルは4K放送前のものだったため、現在では生産終了となっています。
日本アンテナ【45SRL】【45SRLB】

日本アンテナ4K8K対応BSアンテナ(白・黒)

日本アンテナ【45SRL】【45SRLB】


弊社ではどちらの色でも標準価格での工事となります。
45SRLBは6月3日発売のものですが、弊社では5月末頃から取り扱いを開始しております。
遠方で工事をご依頼いただけない方の場合など、アンテナの販売飲みも行っておりますのでお気軽にご相談ください。